本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 収容  > 東日本入国管理センターとの質疑応答

活動レポート

東日本入国管理センターとの質疑応答

2016年10月13日
東日本入国管理センターとの質疑応答
(公開版)
文責:認定NPO法人 難民支援協会


2016年9月21日、参議院議員 石橋みちひろ議員の同席の下、面会活動を行っている団体・個人6人が中心に牛久入国管理センターとの意見交換を行いました。以下、意見交換の中で「概数」として提供された数字についてご報告いたします。

0.予算・人員・施設概要等
(1)予算
①2013年度:決算額:14.7400億
②2014年度:14.6400億
③2015年度:14.3800億
④2016年度:12.9500億(予算)

(2)職員数(外部委託事業があるのであれば、その内訳を含む)
①2013年度:145 人、20 民間ポスト
②2014年度:143 人、21 ポスト
③2015年度:145 人、18 ポスト
④2016年度:145 人、18 ポスト

(3)収容スペースの概要
①現在利用されているブロック数:5つの寮
②各ブロックの構成(寝室スペースの数)・定員数など:
・共同室110 室のうち34 室はベッド
・単独室は18 室
③各ブロックの特色があれば、その特色(喫煙者用・非喫煙者用・単独室などの区別があるか)
・A,Bブロック8 寮:禁煙
・他は喫煙者・禁煙者を分ける。

(4)被収容者の1日のスケジュール
・処遇細則によって定められている。
・7:00 起床、7:30 清掃、8:00 朝食 8:40 朝の点呼、11:30 昼食、16:30 夕食、17:00 夜の点呼、22:00 就寝
・1日2回(8:40~11:30、13:30~17:00)、居室の扉を開放。電話・洗濯・シャワーも可能。
・毎日40分、戸外運動場にて運動可能

1.被収容者の内訳(現時点)
(1) 人数:9月14日現在253 人(本日は256人)うち男性:228人、女性:25人

(2) 男女別内訳、性的マイノリティの数、未成年者の被収容者の人数(「18才以上と18才未満でそれぞれの人数」)とその対応
男性2人→性的マイノリティを自称。本人の希望を聞いて対応する。
未成年者、現在 収容していない

(3) 国籍別内訳
(上位10 カ国)スリランカ45人、ネパール28人、イラン23人、中国23人、トルコ18人、ブラジル14人、バングラデシュ13人、フィリピン12人、ナイジェリア11人、ベトナム10人

(4) センターに来る前の収容先(移送元)内訳
① 東京入国管理局 108人
② 成田空港支局 88人
③ 名古屋入国管理局 38人
④ その他 22人

(5) 庇護を求めている者(難民申請を行っている者)の数
① 難民認定申請手続 47人
② 審査請求手続(異議申立手続)120人
③ ③・①②は終了しているが、難民関係訴訟を行っている者 0人

(6) 収容期間別内訳
① 収容期間 1日以上3か月未満→125人
② 3か月以上6か月未満→47人
③ 6か月以上1年未満→70人
④ 1年以上1年6か月未満→5人
⑤ 1年6か月以上2年未満→4人
⑥ 2年以上→2 人
A 被収容者のうち最長収容期間の者の収容期間 1377日
B 平均収容期間 145日
2.被収容者のA 自殺件数・B 自傷行為(自殺未遂含む)件数
①2013 年 なし 28件
②2014 年 なし 16件
③2015 年 なし 18件
④2016 年 なし 7件(8月末現在)

3.仮放免申請について
(1)仮放免申請数
①2013 年1025 件/②2014 年866 件/③2015 年818 件/④2016 年488 件
(2)(1)のうち、申請の許可処分・不許可処分の件数
①許可309 件、不許可713 件 ②281 件、582 件、③351 件、464 件、④195 件、156 件(他、取り下げもあり)
(3)(1)のうち、仮放免申請から結果が出るまで
①1か月以上2か月未満かかった件数 ①825 件 ②595 件 ③657 件 ④104 件
②2か月以上かかった件数 ①119 件 ②255 件 ③122 件 ④244 件
③最長期間 ①176 日 ②205 日 ③113 日 ④120 日
④平均処理期間 ①46 日 ②56 日 ③51 日 ④69 日

4.送還者
(1)①2013 年 自費被送還者(入管法59 条による送還も含む) 24 人、国費被送還者 117 人
②2014 年 24 人、31 人
③2015 年 9 人、32 人
④2016 年 8 人、23 人

(2)送還忌避者の被送還数
①2013 年 92 人(護送官をつけて送還)
②2014 年 12 人
③2015 年 14 人
④2016 年 11 人

5.医療体制
(1)医療体制の詳細(「勤務医(常勤、非常勤別)、
勤務医は10~15 人ほど、1 人ずつ、いずれも非常勤 月~金の13:00~17:00
看護師(常勤、非常勤別)の人数」常勤2人 平日の8:30~17:15
「月曜日から金曜日の医師、看護師の勤務時間、人数」)
必要に応じて電話通訳を実施

(2)庁内診療数・庁外診療数
①2013 年 3157 件、834 件
②2014 年 2741 件、678 件
③2015 年 2891 件、924 件
④2016 年 1983 件、399 件

(3)医師に対する願箋が提出されて3日以内に医師による診療を受けられなかった件数
※申し出により概ね10 日以内に庁内診療を実施。別途、看護師による健康相談もある。

6.身体障がいのある被収容者に対する配慮の有無
(1)身体障がいのある被収容者はいるか?
①2013 年 1人
②2014 年 1人 (2013 と同じ)
③2015 年 1人
④2016 年 1人(2015 と同じ)

7.面会について
(1)面会件数(うち領事面会数・弁護士面会数も示されたい)
① 2013 年 16195 件(1989件)
② 2014 年 17712 件(2146件)
③ 2015 年 16079(1930件)
④ 2016 年 9985 件(1560件)

難民の収容についてはこちらをご覧ください。

(2016年10月13日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷