寄付の方法

毎月の寄付をする

1日50円、100円からはじめる難民支援。
自立までの道のりを支えるためにご協力ください。 クレジットカード・口座自動振替で、手軽にお手続きいただけます。

今回の寄付をする

いつでも、いくらからでもご支援いただけます。 あなたのワンアクションが難民のためになります。

皆さまのご支援が、
人の未来を開きます。

 

私たち難民支援協会は、日本の難民が安心して暮らせるようにサポートする、認定NPO法人です。
日本を訪れた難民支援を専門に、累計7,000人以上の方々をサポートしてきました。

一方、私たちの支援が行き届かずに苦しんでいる難民の方々が、まだまだたくさんいます。
そんな方々が、日本で安心を取り戻せるように、力を貸していただけませんか?

紛争や迫害で国を追われ、日本にたどり着いた方々のために。
あなたが力を貸してくださること、心から願っております。

 

※ 当会では、遺贈や相続財産からのご寄付も受け付けております。
詳しくはこちらをご覧ください。

日本で暮らす「私たちにしかできない支援」を

紛争や迫害などで、母国を追われた難民たち。

世界では、1億1千万人を超える人々が、故郷を追われています。(2023年10月UNHCR発表)

この日本にも、アジアや中東、アフリカなどの国々から難民が逃れてきています。助けを求めても追い返されそうになっている方々もいます。

そしてコロナ禍による入国緩和以降、日本に逃れてくる難民が再び急増、公的支援(「保護費」)の受給までにかかる時間も長期化し、数ヶ月から半年かかっています。そのような中で、厳しい状態に置かれている難民の現状をご覧ください。

保護費支給を待って4か月、まだ支給のめどは見えない

ジョセフさん(カメルーン出身・20代・男性)

英語圏出身で分離独立を目指す政党の支持をする活動をしていました。政府による弾圧が激しくなり、仲間が投獄されたことを受け、身の危険を感じ逃れてきました。来日できたのは偶然ビザが下りたからです。日本は平和で安全な国というイメージがありました。でも、来日直後から苦しい生活が続いています。政府の保護費が支給されるのを待って4か月。先が見えない日々は苦しいです。

■カメルーンの情勢

欧州による植民地支配の歴史から、多数派仏語圏と少数派英語圏の対立が続く。2016年以降、政府による英語圏出身の記者や活動家などの拘束や投獄が相次ぐ。英語圏の分離独立派と政府との衝突も激化、民間人の死者がでるなど被害が深刻化している。

写真はイメージです

公的支援「保護費」の課題

保護費とは政府が提供する難民申請者への唯一の公的支援です。支給されるまでの待期期間が長く、その間にホームレスに陥ってしまう人がいるという深刻な課題があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

日本の難民認定数は、
先進国で最低レベル

さらに、日本では難民申請の手続きが厳しく、認められる人はわずかです。
難民として認定されると、迫害の待つ母国に送り返されることなく、安心して日本で暮らし続けることができます。

しかし、日本の難民認定基準は非常に厳しく、

2022年に、日本で政府が「難民」と認定し、在留を許可したのはわずか202人でした。一方で、同年に不認定と判断されたのは、10,143人に上ります*。

* 認定、不認定とも、一次審査と審査請求での件数を含みます。

難民認定数の各国比較<2022> 

2022年難民認定数の各国比較グラフ
 ドイツ=認定率20.9% / 認定数46,787、米国=認定率45.7% / 認定数46,629、フランス=認定率20.9% / 認定数41,681、カナダ=認定率59.2% / 認定数30,598、英国=認定率68.6% / 認定数18,551、イタリア=認定率13.9% / 認定数7,193、日本=認定率2.0% / 認定数202

UNHCR Refugee Data Finder, 法務省発表資料から作成
 単位:人

米国やヨーロッパの国々と比べて、受け入れ数は最低レベルです。

その理由は、日本の難民認定の条件が、他の先進国と比べて非常に厳しいこと。

「母国に帰れば身に危険が及ぶことを、客観的証拠に基づいて証明しなければならない」 「証拠は日本語に翻訳して提出しなければならない」

自力で難民認定を得ることは、ほとんど不可能な制度になっているのです。

写真:書類の山

難民認定された1人分の提出書類

日本に逃れてきた難民のさらなる苦境

やっとの思いで難民申請を行っても、難民申請の結果がでるまでには平均約4年、長い場合で10年近くかかります。

申請後は就労が許可されることもあり、仕事が見つかれば、働きながら審査の結果を待つことになりますが、日本語も話すことができず、文化や社会背景の異なる国で就労をすることは容易なことではありません。

最低限の衣(医)・食・住もままならならず、時にはホームレス状態になってしまう人もいます。また、国民健康保険に入ることができない人もいるため、医療の受診は簡単ではありません。在留資格の無い難民申請者は「不法(非正規)滞在者」とみなされ収容される可能性もあります。

やっとの思いで、遠く海を越えてたどり着いた難民を、私たちは保護できていないのです。

難民の安心と自立のため、
力を貸してください!

私たち難民支援協会は、日本に逃れてきた難民が安心して暮らせるようにサポートする、認定NPO法人です。

医・食・住の生活支援

日本で頼る先がない難民に、個別で相談に応じています。一人ひとりの力を引き出すことを考え、来日後の厳しい状況から自立への道のりを支えます。緊急性に鑑み、シェルターを提供したり、国民健康保険に入れないなか適切な医療を受けられるようサポートしたりすることも、支援活動の一つです。

難民認定を法的に支援

申請手続きは、非常に複雑で難しいものであるばかりでなく、多くの資料の提出が必要です。保護されるべき人が難民認定を得られるよう、手続きのアドバイスや証拠資料の収集・作成をサポートしています。

経済的な自立をサポート

自立した生活を行うためには、働いて収入を得ることが必要です。就労を希望する難民に対して、日本での仕事探しの方法を伝えるとともに、それぞれの難民に適した企業との橋渡しを行い、雇用を実現しています。

社会への働きかけ

自治体、学校、病院など、地域社会をつくる人びとと難民を橋渡しし、難民が社会の一員として、地域のなかでつながりを持ち生きていけるよう支援しています。 さらに、難民を取り巻く問題の背景には制度的な課題が多く、また難民の存在が多くの方に知られていないこともあります。そのため、政策提言や広報活動にも力を入れています。

⇩こちらからもご寄付いただけます。

日本に逃れてきた難民を
ご寄付で応援ください!

私たち難民支援協会は、1999年に日本で設立。
日本を訪れた難民支援を専門に、累計7,000人以上の方々をサポートしてきました。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のパートナー団体です。

団体概要

個人(約4,700人)や企業からの寄付、助成金等、さまざまな資金で活動しています。
第20回東京弁護士会人権賞(東京弁護士会)、第8回沖縄平和賞(沖縄県)等受賞。

団体名認定NPO法人 難民支援協会
設立1999年7月
役員代表理事 石川えり 副代表理事 中村義幸 理事 関聡介、大江修子ほか
所在地東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4階

難民支援協会へのご寄付は
税控除の対象になります

難民支援協会(JAR)は「認定NPO法人」(東京都の認定)であり、確定申告により、寄付金額の最大約40%(東京都にお住まいの方は最大約50%)が税金から控除されます。
※ 個人の場合。法人からのご寄付への優遇もあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

支援を受けた方の声

難民支援協会がなければ、 私は今日まで生き延びられなかった

匿名

東アフリカ出身・男性

宿泊場所がなく公園のベンチで過ごし、体の痛みに悩まされていたときに、助けてくれたことに感謝したいです。難民支援協会は私にとって階段のステップのような存在。方向性を示してくれ、一段上がるときにいつも力になってくれます。難民支援協会の支援者には心からお礼を伝えたいです。
私たちの姿は見えないかもしれないけれど、皆さんが送ってくださる支援は、本当に必要としている人に届いていて、多くの人の厳しい生活を変えています。

一方、私たちの支援が行き届かずに苦しんでいる難民の方々が、まだまだたくさんいます。

強制送還されて、迫害の日々に戻りたくない・離れ離れになった家族と、早く再開したい・滞在が認められたら日本社会に貢献して生きていきたい

そんな方々が、日本で安心を取り戻せるように、 力を貸していただけませんか?

ご支援によって、日々の難民への直接支援や社会への働きかけを含む、 難民支援の活動全般を続けることができます。

ご支援くださった皆さまからの声

支援者の方々から寄せられた、ご寄付にあたっての想いや応援メッセージをご紹介いたします。
ぜひ、スクロールしてご覧ください。

  • 難民の方々が希望を持って暮らせる日を共に待ち望んでいます。 (2024.02.21, Mさん)
  • 言葉が出て来ない。 (2024.02.10, Oさん)
  • クリスマス献金として集めたものです。 (2024.02.05, H会)
  • この寄付で救われる命がありますように。 (2024.02.05, Oさん)
  • ありがとうございます。 (2024.01.29, Hさん)
  • クリスマス献金の一部です。多くありませんが、お役立ていただければと思います。 (2024.01.26, S園)
  • 仕事で忙しくなかなか時間をとって勉強したり、お力になれたりすることがない中、今はせめてお金の寄付だけでも、と思っての寄付です。皆様の日々の働きかけが難民お一人お一人の生活の支えになっていること、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。 (2024.01.25, Hさん)
  • 在日の外国人の方のご支援ありがとうございます。 (2024.01.22, Tさん)
  • 「冬の支援」としてお贈りします。 (2024.01.18, Oさん)
  • いつも大変なお仕事を担当してくださるスタッフの皆様に感謝しております。寒さが厳しい季節、皆様お体に気をつけてお過ごしください (2024.01.17, Mさん)
  • なかなか定期的にご寄付出来ずにおりますが、いつもご活動応援してます。日本に来てよかった、安心して生活できる、と感じる方が少しでも増えますように。 (2024.01.16, Kさん)
  • さまざまな事情で日本に逃れて来て、なお困難な状況にある方々のために少しでも役に立てればと思います。親身になって支援活動をなさっている方々に敬意を表しつつ。 (2024.01.15, Mさん)
  • ボランティアサークルのメンバー皆が、寒い冬を少しでも暖かく過ごせますよう、健やかな生活を送れますよう願っております。 (2024.01.13, Yさん)
  • いつも少額ですみません。幾らかでもお役に立てれば嬉しいのですが・・・。 (2024.01.12, Kさん)
  • 頑張ってください (2024.01.11, Yさん)
  • 難民の方々に対する昼夜を問わずの人道支援、お疲れ様です。年初から能登地震や羽田航空機事故がありましたが、国内外で大きなイベントが起きるたび、国内の難民申請者が忘れ去られてしまわないかと危惧しています。必要なところにお使いください。 (2024.01.11, Sさん)
  • 活動の継続をありがとうございます。だれもが希望を持てる2024年になりますよう・・・皆様ご自愛ください。 (2024.01.10, Kさん)
  • コロナ禍が終わり、多くの難民が来られると思います。ささやかですがお役立てください。 (2024.01.10, Wさん)
  • 最も弱い立場にある人たちの尊厳を守るべく活動されている団体の一つだと認識しています。どうもありがとうございます。 (2024.01.09, Kさん)
  • 2024年は厳しいスタートになりました。弱い立場の人たちにその影響が出ないことを! (2024.01.04, Hさん)
  • いつもありがとうございます。 (2024.01.03, Tさん)
  • この活動していただき、ありがとうございます。 (2024.01.03, Mさん)
  • 尊いお働きに感謝いたします。 (2024.01.01, Kさん)
  • これからも応援していきます。みなさまの健康第一でご活動ください。 (2024.01.01, Sさん)
  • 日本が安全だと信じて命からがら逃げてきた人を暖かく受け入れるのは人として当然の義務です。日本政府はその義務を積極的に果たすべきです。人の命を守ることは最優先の国際貢献です。 (2024.01.01, Nさん)
  • 「難民申請者はどう生きてゆくのか?ー公的支援「保護費」の課題と生存権」の記事がよかったです。難民認定を求めている方について、就労はできないのに支援はないという話は聞いたことがありましたが、「保護費」がどのように不十分なものか知ることができました。 (2023.12.31, Sさん)
  • ホームレスの人を助けてください。 (2023.12.31, Tさん)
  • 日本国内の難民受け入れ状況が、日本政府が消極的であり問題意識を持っています。難民及び難民申請者の人権が守られるよう、活動を支援し状況を注視して参ります。 (2023.12.31, Mさん)
  • いつもお世話になっています。 (2023.12.31, Sさん)
  • TBSラジオsession聴きました。僅かばかりですが何かの足しにしてください。 (2023.12.30, Oさん)
  • 少しでもお役に立てば。 (2023.12.30, Iさん)
  • TBSラジオ「荻上チキ・Session」で日本の寄付文化を取り上げた特集があり、関心を持つようになりました。毎月の寄付は難しいですが、今後も寄付を続けていきます。 (2023.12.30, Sさん)
  • 全ての難民の方に春が訪れる事を切に願います。 (2023.12.29, Tさん)
  • 年末年始苦しい難民申請をしながら生活してい方々のために、少しですがお役に立てたらうれしいです。 (2023.12.29, Yさん)
  • どうぞスタッフの皆様もお体に気をつけておすごしください。 (2023.12.29, Sさん)
  • 日本の入管の現状を知って、憤りを覚えています。日本人として恥ずかしいと思います。海外支援も大事ですが、国内で実際に具体的な活動をしている団体を支援したいと思い、貴会にたどりつきました。日本を頼って来た方々に、日本を好きになってほしいです。 (2023.12.29, Yさん)
  • ささやかですが送金させていただきます。 (2023.12.29, Kさん)
  • 日本に来た方が安心して暮らせるよう、お役立ていただけましたら幸いです。 (2023.12.29, Oさん)
  • 以前にも寄付したことがあるので、難民支援協会さんからメールや郵便を受け取っています。忙しい日が続いているので、じっくり読めてないこともありますが、今後も難民の現状などに関心を持ち続けたいと思います。 (2023.12.28, Mさん)
  • 母国を離れて暮らす方たちすべての人権を大切にすることをサポートできればと思っています。微力ですがよろしくおねがいします。年末分と合わせて (2023.12.28, Sさん)
  • 今の日本が、必要な支援を十分に差し上げられない国であることを心苦しく思っています。安心を求めて日本に来られた方々が、本当に安心して過ごせる日が来ますようにと祈ります。 (2023.12.28, Nさん)
  • 世の中の問題が解決するのは難しいですが、1人でも多くの方が満足に暮らせますように、安心して日本で暮らせますように。少しずつ応援してます (2023.12.28, Nさん)
  • 難民の方が大変苦労されていることに心が痛みます。せめて働けるような法律の改善を望んでいるのですが。 (2023.12.28, Aさん)
  • 私の生活にも物価高の影響がかなり出始めています。難民の方々、ご支援の方々のご苦労はひとしおかと思います。心ばかりですが、ご活用いただければ幸いです。 (2023.12.28, Oさん)
  • お役に立てば幸いです。 (2023.12.27, Mさん)
  • スタッフの皆さま。いつも本当にご苦労様です。チャリティーコンサートを開催しました。貴団体への募金箱に集まったものです。お役に立てれば幸いです。どうぞ難民の方々が希望の持てる新年が迎えられますようお祈り致しております。 (2023.12.27, Nさん)
  • ミナサマニシアワセガオトズレマスヨウニ (2023.12.27, Hさん)
  • どうか平和な社会になります様にと祈っております。お働き本当にありがとうございます。 (2023.12.27, O会)
  • 難民アシスタント講座を受けました。講座を受けたことで、どんなにクライアントの方々が困難な目にあっているか、実感できました。講座を受講して本当によかったです。講座の全てを記憶しているわけではありませんが、目が覚めました。今回わずかですが、お金を送らせていただきます。 (2023.12.27, Mさん)
  • 尊いお働きを感謝いたします。寒さに向かいます折、皆様のご健康が守られますようお祈りいたします。 (2023.12.27, K教会)
  • 新聞で見ました。日本にいらしている難民の方に少しでも何かできたらと思います。 (2023.12.27, Kさん)
  • ほんの少しですが、役立てて下さい。 (2023.12.27, Kさん)
  • この冷たい国の一人として罪滅ぼしの気持ちです。困難に見舞われた人とそれを支えるスタッフさん、ともに温かい新年が来ますように。 (2023.12.27, Tさん)
  • 先日新聞でまだまだ路上生活されている方など日本に来られた難民の方々の厳しい状況を読みました。一人でも多くの方が暖かな年末を迎えられますように。 (2023.12.27, Mさん)
  • いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします (2023.12.27, Lさん)
  • 厳しい冬を乗り越えてください。 (2023.12.27, Sさん)
  • みなさんが、あたたかい場所で新年を迎えられますように。 (2023.12.27, Yさん)
  • 私達、日本人が海外で暮らすと、現地の方々にとてもお世話になります。私も、そのようにお世話になっている1人です。その方々への恩送りとして、微力ながら支援をさせていただきます。 (2023.12.27, Fさん)
  • いつも難民の方々の状況をお伝えいただき、ありがとうございます。世界はますます混乱が続くなかで、困難に直面する方がたへのご支援を今日も続けてくださり、感謝いたします。 (2023.12.27, Hさん)
  • わずかではありますが、お役立てください。よろしくお願いします。 (2023.12.27, Kさん)
  • いつもメールを拝見しています。丁寧なメールマガジンをお送りくださりありがとうございます。素晴らしい活動を続けてこられているスタッフの皆さまを心から尊敬します。日本で暮らす難民の方々が健やかで安らかな年を迎えられますように。 (2023.12.27, Mさん)
  • 尊いご活動、ありがとうございます!朝日新聞の記事を読み、賛同しました。 (2023.12.27, Aさん)
  • 難民の方が寒い冬を少しでも暖かいところで過ごせるよう願っています。 (2023.12.26, Sさん)
  • 多くの金額を寄付することは出来ずに申し訳ありませんが、少しの足しになりますと幸いです (2023.12.26, Tさん)
  • 朝日新聞で難民の方々が寒い公園で野宿をされていると読みました。少しでもお役に立てればうれしいです。 (2023.12.26, Uさん)
  • 少しでも暖かく年を越すことができますように。 (2023.12.26, Tさん)
  • よいお年をお迎えください。 (2023.12.26, Kさん)
  • 難民支援協会の皆様方の活動を心から応援しております! (2023.12.26, Mさん)
  • 支援したい思いはあっても、なかなか継続できませんが、少しでも役に立てば有り難いです。お働きを感謝します。 (2023.12.26, Tさん)
  • こちらこそいろいろ勉強させていただき、大変お世話になりました。微力ですが、何かできることを始めたいと思っています。 (2023.12.26, Aさん)
  • 少しの寄付しかできませんが、お役立てください。日本にいる外国の方々が、少しでも安心して暮らせる社会になってほしいと思っています。 (2023.12.26, Kさん)
  • 難民として来られた方々にとって、少しでも支えとなり、生きる希望になればと思い、少額ですが寄付させていただきます。 (2023.12.26, Sさん)
  • 少しですが難民の皆さんのためにお役に立てて頂けたら幸いです。皆さんの活動をこれからも応援しています。 (2023.12.26, Mさん)
  • 行動力の無い私には寄付しかできませんが、支援されている方々には本当に頭が下がります。今後も、できる範囲ではありますが、応援させていただきます。日本の難民制度の改善も願っています。 (2023.12.26, Yさん)
  • より良い社会をつくるためのご努力を期待しております。 (2023.12.26, Tさん)
  • 私達日本人は当り前のように平和、安全、医食住などが確保できています。難民の方々の苦しい現実を知り皆で支えあっていければ幸いです。JARの方々、本当にありがとうございます。 (2023.12.26, Oさん)
  • 野宿せざるを得ない難民申請者が今この日本に存在することに驚き、自分の無知を恥ずかしくおもいました。わずかばかりですが何かのお役に立てればと。 (2023.12.26, Aさん)
  • これから寒さが増してくるので、皆さま体調を崩さないように。がんばって下さい。 (2023.12.25, Kさん)
  • 頑張って下さい! (2023.12.25, Kさん)
  • あまり寄付を続けられず申し訳ないのですが、少しでもお役に立てたらと思っています。スタッフの皆さまの献身に感謝しております。 (2023.12.25, Iさん)
  • 毎年寄付をさせて頂いております。一人でも多くの難民の方が救われますように。 (2023.12.25, Sさん)
  • 辛い状況にある方を支えることもまた、辛いことだと思います。日々身を粉にして支援にあたるスタッフの方々が少しでも穏やかに過ごせることを願っています。 (2023.12.25, Iさん)
  • 平和を取り戻すために! (2023.12.25, Tさん)
  • 微々たる寄付となりますが、継続してサポートに努めていけたらと思います。日々、前線でサポートをしてくださり感謝申し上げます。 (2023.12.25, Yさん)
  • 少額の寄付で申し訳ないですが、難民の方々のサポートよろしくお願いいたします。 (2023.12.25, Tさん)
  • 様々な事情のある方々が安心して日本で生活できることを願っています。わずかですが、活動のためにお使いください。 (2023.12.24, Fさん)
  • がんばってください! (2023.12.24, Y会社)
  • いつも「ニッポン複雑紀行」を楽しみに拝読しています。外から想像するよりもずっと複雑な事情を知ることで、立場の違う相手の言葉にじっくりと耳をかたむけることの大切さを痛感します。 (2023.12.24, Oさん)
  • 少ないですが,少しでもお役に立てれば幸いです.皆さんが少しでも暖かな新年を迎えられますように. (2023.12.24, Fさん)
  • 同じ人として明るい未来を目指しましょう。僅かですが寄付をさせていただきます。 (2023.12.23, Kさん)
  • 微力ながら応援します。 (2023.12.23, Iさん)
  • 日経新聞電子版 ファストリ柳井氏、難民支援協会に1億円寄付 の記事を拝見して、支援させて頂こうと決意をしました。政府の対応にも限界がありますので、やはりNPO・民間・個々人が声を上げて皆を巻き込んでいく事が重要だと考えます。 (2023.12.23, Kさん)
  • 日本政府の難民認定率の低さや入管での収納監状況はひどすぎると感じています。人間らしい暮らしが保障されるよう私もがんばります。 (2023.12.22, Mさん)
  • 応援しております。それぞれの場所で頑張りましょう。 (2023.12.22, Mさん)
  • お世話になっております。先日の「アシスタント養成講座」は大変勉強になりました。些少で恐れ入りますが寄付させて頂きます。少しでも皆様のお力になれれば幸いです。 (2023.12.22, Aさん)
  • スタッフの方々のご努力に敬意を表します。 (2023.12.22, Sさん)
  • 応援しています! (2023.12.22, Sさん)
  • 少しでも難民の方の力になればと思います。 (2023.12.22, Uさん)
  • ささやかな金額ですが、必要としている方々のために使ってください。先日、仮放免中の方が天に召されました。大変な状況の中でも、いつでも笑顔の方でした。無念です。 (2023.12.21, Mさん)
  • メリークリスマス!!救いを求めている人が一刻も早く救われますように! (2023.12.21, Kさん)
  • 皆さん、くれぐれもご自愛なさってください。そして、よきクリスマスをお迎えください。 (2023.12.21, Wさん)
  • 少額ですが、少しでもお役立ていただけますと幸いです。 (2023.12.21, Hさん)
  • 少額ですが寄付をさせて頂きました。応援しています、どうか皆様がお体に気を付けてクリスマスをお迎えできますように。 (2023.12.21, Kさん)
  • お世話になっております。急増している利用者のためにささやかですがカンパします。一人でも多くの方が平安を年を越せますように! (2023.12.20, Kさん)
  • 難民の方々の心細さが少しでもやわらぎますように・・・少額ですがお役立てください。 (2023.12.20, Yさん)
  • 少しでも皆様のお役に立てますように。 (2023.12.20, Nさん)
  • あまりにお粗末な難民対策、入管達の人権感覚のなさ、どうしてこうなったのか、ウクライナやガザへ彼らを勉強させるために是非とも派遣すべき。 (2023.12.20, Mさん)
  • 2010年代以降、背景は政治経済の破綻、戦争・内戦、気候危機、少数民族抑圧などに広がっていますが、世界的にホームを否応なく追われる人が激増していることを深刻に受け止めるとともに、日本で暮らす自分自身の立ち位置を見つめ直しています。 (2023.12.20, Wさん)
  • 世の中が平安になりますように。スタッフの皆様、お体大切に。 (2023.12.19, Iさん)
  • どうかお身体を大切になさって下さい。 (2023.12.19, Sさん)
  • スタッフの方々いつもありがとうございます。難民の方々が少しでも温かい冬を過ごすことができますようにささやかですが応援しています。 (2023.12.19, Iさん)
  • 寒くなってきました。支援活動、よろしくお願いいたします。 (2023.12.19, Sさん)
  • 日本に逃れてきた人は、難民に冷たい国なのをなぜ調べてこないのか不思議。自分なら来ない。難民が増えているのは、ウクライナ・ガザ・アフリカなど戦争が多発している。巨大な軍需産業がもうけるためにわざと争いを起こしているとしか思えない。EUや米、ロシア、イスラエルのトップのおっさんが変わらない限り、終らない。会計支出の広報資金調達、使いすぎと思う。もっと支援に使ってほしい。 (2023.12.18, Mさん)
  • 「冬の支援」としてお贈りします。 (2023.12.18, Oさん)
  • いつも頭が下がる思いです。少しでもお役に立てれば幸いです。 (2023.12.18, Uさん)
  • 日本に逃れてきた難民に対する日本政府の冷酷な仕打ちに、涙を禁じえません。1日も早く全員が暖かい支援を受けられるように支援していきたいと思います。 (2023.12.18, Mさん)
  • わずかですが。皆様の活動すばらしいと思います。 (2023.12.17, Tさん)
  • 少しでも必要に応じられればと思います。 (2023.12.17, Nさん)
  • 恥ずかしながらウィシュマさんの事件、映画『マイスモールランド』に触れるまで日本における難民問題について全く考えたことがありませんでした。少額ですがよろしくお願いいたします。 (2023.12.17, Mさん)
  • 少しばかりですが、、、 (2023.12.16, Fさん)
  • いつもご活動を感謝しております。 (2023.12.16, Fさん)
  • 難民のみなさんの支援にお役立てください。 (2023.12.16, Tさん)
  • 良い1年が訪れますように (2023.12.16, Mさん)
  • スタッフの皆さまもどうぞご自愛くださいませ。 (2023.12.15, Mさん)
  • 厳しい情勢の中頑張って下さい。 (2023.12.15, Oさん)
  • なんとか持ちこたえてください。 (2023.12.15, Iさん)
  • 難民の皆さんが1日も早く平穏な生活を取り戻せることを祈っています。 (2023.12.15, Tさん)
  • 些少で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。 (2023.12.15, Mさん)
  • 寄附は十数年ぶりかと思いますが、御活動にはいつも頭が下がる思いでおりました。 (2023.12.15, Sさん)
  • 支援される方々している方々、、、少しでも暖かい心も体も季節がきますように祈っています。 (2023.12.14, Bさん)
  • 難民の方々が少しでも暖かい冬を越せることを願っています。 (2023.12.14, Sさん)
  • たとえどの国に生まれたとしても等しく自由に幸せに生きられる、そんな世界の実現を心より祈っています。ささやかな寄付しか出来ないことがつらいですがスタッフの皆様、頑張って下さい。 (2023.12.14, Kさん)
  • 少しですがお役立て下さい。 (2023.12.13, Dさん)
  • なにかしらの希望をつないでいけますように、日本が狭量な国で申し訳ないです。心ばかりですが、使って下さい。 (2023.12.13, Kさん)
  • あまりにも少ない日本の難民認定に心を痛めています。少しでも難民申請している方の助けになればと思います。 (2023.12.13, Kさん)
  • クリスマス献金 (2023.12.12, N会)
  • 寒い中、支援お疲れさまです。香典の一部を寄付します。キリマンジャロに登り、現地の方にお世話になったと話していたのを思い出しました。路上生活を余儀なくされている難民の方にはアフリカ系が少なくないとのこと、一日も早く在留が認められますように、何よりまずは暖かい寝床で休んでいただけますように。 (2023.12.12, Tさん)
  • 難民の方々のご希望が叶うことを心から望んでいます。現場の支援者の方々のご苦労に感謝いたします。 (2023.12.12, Oさん)
  • 大切な故郷を離れ、日本に安住の地を求めてこられた方々に、一時の安心が届きますように。お祈りしています。 (2023.12.12, Tさん)
  • 余裕がある月に少額ですが寄付をさせていただいています。学生の頃から難民問題に関心があり、今も教育の仕事の中で生徒に話をすることが多いです。これからも可能な限り継続的に寄付できたらと思っています。応援しています。 (2023.12.12, Iさん)
  • 丁寧な活動の積み上げ、これからも頑張ってください! (2023.12.11, Mさん)
  • 心傷むことが多い昨今、ほんとに少額ですが支援になればと。 ニッポン複雑紀行など毎回拝見しています。自分が関わっている範囲外の世界のことはなかなか知らないままになっているので、こうした情報で理解をする機会をもらえるのはありがたいです。 (2023.12.11, Kさん)
  • 一人でも多くの方が良いクリスマスを過ごせるようにお祈りいたします。 (2023.12.11, Mさん)
  • 人口減少で海外からの働く人を必要としていながら、難民として日本に辿り着いた人にとことん厳しい国のやり方には理解ができません。日本に来てくれた人びとに働いて暮らせる場を。難民支援協会な皆様の活動には頭が下がります。 (2023.12.11, Sさん)
  • 厳しい状況の方々が少しでも安心していただけますように。微力ですが協力させて頂きます。 (2023.12.11, Tさん)
  • 先回、ダンスパーティーのご報告に感動。犬養道子さんご存命だったら、どんなにかこの企画、喜ばれたかと思います。ダンスどころの騒ぎではない、というのが実状でしょうが、にも拘わらず、やはり、このような催し、大事と思います。応援しています。 (2023.12.11, Hさん)
  • 少しですが、お役に立てましたら嬉しく存じます。 (2023.12.11, Mさん)
  • いつもお疲れ様です。 役所の方も仕事をさぼっているわけではないでしょうが、事務手続きの煩雑さと結果の遅さにはイライラしますね。こんなのって日本だけじゃないですか? 雀の涙の支援しかできませんが、少しでも暖かい思いができますように (2023.12.11, Sさん)
  • ようやく日本にたどり着いた難民の皆さんが1日も早く安定した生活ができるように願っています。 (2023.12.10, Sさん)
  • 皆さんの活動で支えられている難民の方がたくさんおられます。微力ですが何かにお役立てください。 (2023.12.10, Oさん)
  • ボーナスが支給されましたので、些少ですが、難民支援にお役立てください。 (2023.12.10, Nさん)
  • Eテレの番組『ねほりんぱほりん』で在留資格をいかに取ることが難しいかということを伝えていました。さらに難民の皆さんは多くの大変さを抱えられておられると思います。でもこの番組で少しでも難民の皆さんに対する理解が生まれればと願っています。 (2023.12.10, Kさん)
  • 世界には困難な地域が多く、わずかながらでもお役に立てればと思い、寄付させて頂きます。 (2023.12.10, Lさん)
  • お一人お一人のしあわせを祈ります。応援しています (2023.12.09, Kさん)
  • 日々の活動ありがとうございます。助けを求めて日本にいらした方々に少しでも寄り添えるよう、微力ですが支援させていただきます。 (2023.12.09, Tさん)
  • 日本は難民を暖かく迎える国になって欲しいものです。日本の人口は減少しており労働力が不足しています。難民の方は日本で働いて自活できる生活を望んでいると思います。支援活動は大変でしょうがスタッフ皆さんのご活躍を期待しています。 (2023.12.09, Sさん)
  • 以前から気になっていた団体で、今年から少しずつ難民の方々への支援を始めたいと思いボランティアに参加したいと思いつつ仕事でなかなか平日に行けなくて残念ですが年末に寄付は最低しようと決め今回寄付をしました。いつも支援の様子を読んでいて現状の様子を伝えてくださりありがとうございます。ささやかな寄付ですが、少しでも難民の方々が安心して暮らせますようにと願います。 (2023.12.09, Dさん)
  • 難民申請をしている方たちが1日でも早く在留資格を得て安心して日本で暮らせるよう、日本政府は難民認定に対する考え方を改めてほしいと思います。 (2023.12.09, Mさん)
  • 皆様の活動に頭が下がります。些少ですがお役に立てれば嬉しいです。 (2023.12.09, Hさん)
  • ささやかな気持ですが、少しでもお役に立ちますように。 (2023.12.08, Kさん)
  • 些少ですがお役に立てれば幸いです。 (2023.12.08, Hさん)
  • 来年は難民の方々に少しでも良いニュースがありますように。スタッフの皆様、お体に気をつけて良き年になります様にお祈り致します。 (2023.12.08, Iさん)
  • 少しでも暖かく過ごせますように。よいことがありますように。神さまのおまもりがありますように。 (2023.12.08, Aさん)
  • 難民の皆様、1日でも早く落ち着いた生活が送れるようになることを祈っています。たくさんの人が応援しています。 (2023.12.08, Cさん)
  • わたしも海外で生活しているので、日本に移住していらした皆様が、日本でつらい思いをされないように、日本が温かい国として皆様の記憶に残りますように、微力ながら気持ちを表したいと思いました。少額ですみません。 (2023.12.08, Sさん)
  • 寒さも厳しくなっています。少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです。 (2023.12.08, Kさん)
  • 年末年始、少しでも暖かく過ごせますように。。。 (2023.12.08, Kさん)
  • ボーナスが入ったので微力ながら寄付させていただきます。 (2023.12.08, Yさん)
  • 難民支援の尊いお働き、私自身が直接できないことをしてくださっていることを感謝します。私自身、ミャンマーに滞在していたこともあり、難民の方々に何かできればと思っていました。この働きを通して、多くの方々の命が守られ、将来的には自立していく道が開かれますように。 (2023.12.08, Uさん)
  • 難民の方々がこの冬をあたたかく過ごせますように祈っております (2023.12.08, Nさん)
  • パレスチナの人々が不当に家を追われているのを見て、胸を痛めています。同じように故郷を離れざるをえず、日本にたどりついた方たちに、せめて温かい社会でありたいと思い、ご活動に少しだけですがご協力させていただきます。 (2023.12.08, Oさん)
  • 日本も世界も人間の日々の生活がまもられるように変わっていかねばならないと思います。母国でまもられることなく日本に逃れてきた難民の方々に命と暮らしをつなぐ術を与えようと尽力される皆様のご健康を祈念いたします。 (2023.12.08, Iさん)
  • 難民の方々のための活動を継続してくださりありがとうございます。毎回のメールも拝読しております。僅かな寄付で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。 (2023.12.08, Nさん)
  • 寒くなりますので、ご支援の方もご自愛ください。 (2023.12.08, Mさん)
  • 寒い冬を迎え、日本にいる難民の方々にも少しでも暖かい食事やゆっくりできる場所を得ていただきたいと思います。 入管法改正(改悪)問題で、日本の難民問題への姿勢に強い憤りを感じました。現在この日本で困窮している難民の方々に少しでも力になれればと、僅かながら寄付させていただきました。JARのスタッフの方々のお働きにも日本人として感謝しております。 (2023.12.08, Kさん)
  • 日本は受け入れ制限もそうですが、受け入れ後の継続支援、教育などの支援体制がまだまだ弱いと思っています。人口減少時代のなかで、こういった方々を支援し、教育し、グローバル人財として育て、世界の一線で活躍するグランドデザインが必要だと思います。 (2023.12.08, Sさん)
  • 収入が少ないため、不定期での寄付で済みません。 (2023.12.08, Rさん)
  • 皆様のご活動とご発信、本当に頭が下がります。わずかながら、来訪された方への支援につながれば幸いです。 (2023.12.08, Sさん)
  • 残念ながら難民受け入れ対策に対し今の政府に全く期待できません。民間も慈善事業じゃないし限界があります。日本人も懸命に働いてるのに生活が苦しくなるばかり。少子化、高齢化、地方の過疎化、食料問題等々、今の政府は国民すら救おうとしません。そんななか日本に助けを求めて来る人たちがこの先少しでも希望が持てることを願います。 (2023.12.08, Uさん)
  • 心ならずも難民になって日本に保護を求めておられる方々への日々の支援活動、ありがとうございます。ささやかですが、役立てていただけると嬉しいです。 (2023.12.07, Mさん)
  • 応援しています。 (2023.12.07, Iさん)
  • せっかく日本を目指して来てくれた以上、ほんの少しの足しになればと思っています。どうかご出身国に早く戻ることができますよう。 (2023.12.07, Sさん)
  • 寒さ厳しい折お身体をお大事になさってください (2023.12.07, Nさん)
  • 難民の皆様が少しでも心休まる時間が増えることを心より願っております。小さな世界、同じ時代を生きる仲間だと感じております。少額で恐縮ですが、何かのお役に立てれば幸いです。よろしくお願い致します。 (2023.12.07, Kさん)
  • 寒い冬本番になりますが、皆さん身体に気をつけてください。少しですが役にたてばと思います。 (2023.12.07, Kさん)
  • 学生時代に難民講座を受講して以来、自分にできることはないかと何年も悶々としておりました。どうか皆様に心安らかな日が1日も早く訪れますように。 (2023.12.07, Uさん)
  • 難民や申請中の皆様に希望が持てる未来のあることをお祈りします。難民支援協会の皆様のご努力に心から敬意を表します。 (2023.12.07, Sさん)
  • どうかこれからも行き場所のない方々の温かい支えとなってください。 (2023.12.07, Yさん)
  • 入館施設での人を人とも思わないような扱いに心を痛めています。 (2023.12.07, Mさん)
  • おひとりでも寒さの中おなかをすかれて希望を失われない様にお祈りいたします・ (2023.12.07, Hさん)
  • 頑張ってください!希望の光が失われませんように。体調を崩されませんように。 (2023.12.07, Sさん)
  • 年金生活者で、多額な寄付が出来ません。本当に困っている方にぜひ有効に使ってください。 (2023.12.07, Uさん)
  • 寒い冬を お元気で過ごされますことを、祈っています。 (2023.12.07, Sさん)
  • 支援・・・というほどのことはできませんし、同じ空に生きる、ともに生きる人たちと、この冬をのりこえたいから (2023.12.07, Iさん)
  • 少額にて申し訳ございません。ご対応業務も大変かと思いますが、寒いですのでご自愛下さい。 (2023.12.07, Sさん)
  • 辛い日々も多いと思いますが、いい日もきっときます。なんとか切り抜けて、がんばってください。 (2023.12.07, Gさん)
  • 少しですがお役立てください。 (2023.12.06, Tさん)
  • 紛争の犠牲者である難民の子どもたちのためにつかってください。教会のバザーを行いました。こんなに大きなお恵みがありました。 (2023.12.06, H教会)
  • この国の入国管理の現状を変えたいと切に思います。 (2023.12.06, Tさん)
  • 命からがら、やっとたどりつき生活の不安、不便があるのは本当に気の毒です、言葉の壁がありすべてのことにご苦労があると思います、ほうっておけません。 (2023.12.06, Kさん)
  • いつもわずかばかりですみませんが、お役に立てていただけたらと思います。難民の方々に少しでも安らぎがありますように。 (2023.12.06, Hさん)
  • 難民の方、そして苦境に立たされる人々を底支えくださっているJARの皆さまのお力になれればと思い、少額ながら寄付いたします。これからも応援しています。 (2023.12.06, Mさん)
  • 人権に国境はありません。これから大変ですが頑張ってください。 (2023.12.06, Yさん)
  • なかなかお手伝いできず申し訳ございません。少しでも寄付が役立ちますように。 (2023.12.06, Kさん)
  • 難民の方たちが無事に寒い冬を越すことができますように。難民支援協会の皆さまに心から感謝しております。 (2023.12.06, Sさん)
  • 暖かい場所で安心して過ごせますように。 (2023.12.06, Hさん)
  • 少額ですが、お役立ていただければ幸いです。 (2023.12.05, Yさん)
  • 少ないんけんどおこらえなして。 (2023.12.05, Yさん)
  • 命長かれ。 (2023.12.05, Mさん)
  • 難民の方が少しでも暖かく過ごせますようお役立下さい。 (2023.12.04, Oさん)
  • 少額ですが難民支援にお役立てください。 (2023.12.04, Fさん)
  • いろいろと大変なこともおありでしょうが、がんばってください (2023.12.04, Mさん)
  • この冬場での難民の惨状を見ぬふりすることはできない。政府の無駄使いを止めさせ日本人は冷たいと言われないようにしたい。 (2023.12.04, Tさん)
  • 異国で困難を抱えたまま過ごされている方々に、少しでもお役に立てるならば幸いです。献身的に活動を支えていらっしゃるスタッフの皆様も、どうぞご自愛のうえお過ごしください。 (2023.12.04, Hさん)
  • ぐっと寒くなってきましたので、難民の方々が少しでも温かいものを食べて暖かい場所で寝られるように願っております。JARの皆様も本当にお疲れ様です。いつもありがとうございます! (2023.12.04, Nさん)
  • わずかでもお力になれれば嬉しいです。 (2023.12.04, Tさん)
  • とても少ないですが役に立ててくださいませ (2023.12.04, Kさん)
  • 難民の方々に少しでも温かいものがお届けできますように。 (2023.12.04, Nさん)
  • 一人でも多くの方に支援が届きますように。わずかですが送ります。 (2023.12.03, Mさん)
  • スタッフの皆さま、ありがとうございます。難民の方が日本で安心して暮らせる日が来ますように。 (2023.12.03, Tさん)
  • 難民の受け入れは国際社会の一員としての責任であること、申請者や認定者が尊厳を持って生きていけるよう公的支援を拡充していくべきことをこれからも広く訴えていかれることを期待します! (2023.12.03, Sさん)
  • 難民の方々が心穏やかに新年をお迎えできるようにお祈りしております。 (2023.12.03, Kさん)
  • クリスマスも近づいてきましたので、友人とともに各所に寄付をしています。わずかばかりですが、お役に立てれば幸いです。 (2023.12.03, Oさん)
  • 国の対応と皆さまの状況に本当に心が痛みます。 心身温かく冬を過ごせる時がありますように。 少しばかりですが、お役にたてましたら幸いです。 (2023.12.03, Nさん)
  • 国から拒否された人々に生活の場所を保証することは、とても重要な活動で、そのような活動の前線に立たれる貴協会の皆様に心から敬意を抱いております。心ばかりですが応援しております。 (2023.12.02, Fさん)
  • 少額で申し訳ありませんが、少しでもあたたかな思いで年を越していただければと思います。 (2023.12.02, Aさん)
  • 誰もが平和に生きられる世界のために! (2023.12.02, Mさん)
  • 助けて!の声が四方八方よりシングルマザーの会、ユニセフ、歳末助け合い・・・etc。この世界、戦争、紛争、自然破壊、・・・居場所を追われる人々は増加の一途、貧乏婆さん取り合えず分散して・・・一助になればと、皆様の日々のお働き心より応援しています。 (2023.12.01, Hさん)
  • ありがとうございます。頑張って下さい。応援しています。 (2023.12.01, Wさん)
  • 日本の難民認定率の低さには心苦しさや憤りを感じています。これは日本に住む私達が解決しなければならない問題です。同じ社会で共に生きる仲間として支え合っていきたいと願っています。 (2023.12.01, Hさん)
  • お働きありがとうございます。 (2023.11.30, Iさん)
  • 難民の方々の安寧をお祈りしています。 (2023.11.29, Iさん)
  • 素晴らしい活動に感謝申し上げます。一人でも多くの方々から日本を好きになってもらえますよう祈っております。 (2023.11.29, Kさん)
  • スタッフの皆様のご尽力に感謝します。わずかな額ですが、暖かい場所で温かい物を召し上がっていただく足しになればと願います。 (2023.11.29, Aさん)
  • 難民の方々への支援活動に感謝します。 (2023.11.28, Uさん)
  • どこにおいても,少しでも快適に生活して頂けることを祈っております。 (2023.11.28, Mさん)
  • 一人でも多くの方の助けになればと存じます。 (2023.11.28, Kさん)
  • 様々な背景やつらい経験を抱えながら、家族と離れ離れになりながら逃れてきた難民の方々が、少しでも安心して暮らせる日本になることを願います。 (2023.11.28, Kさん)
  • いつも貴重な情報を提供してくださりありがとうございます。業務過多だとは思いますが、どうぞご自愛ください。 (2023.11.27, Tさん)
  • 数々の趣旨に賛同します。活動になかなか参加できないのが残念ですがお役にたてると嬉しいです。 (2023.11.27, Kさん)
  • 少しばかりですが有効にご活用ください。 (2023.11.27, Kさん)
  • 日本の難民受け入れの政策の不十分さには 本当にがっかりし 恥ずかしくなったりしますが 少しのお金でも皆さんと力を合わせて 難民の皆さんのために 役立てていただけたらと思います。 (2023.11.27, Oさん)
  • 難民の方々にも一日でも早く幸せがありますようにお祈り致しております。 (2023.11.27, Kさん)
  • 大変な活動をなさってくださっていることに敬意を表します。政府、行政に取り組ませるための活動を強めたいと思います。 (2023.11.27, Hさん)
  • 協会の皆様の活動に心から敬意を表します。皆さまの活動を受けて日本政府がより多くの難民を受け入れることを期待しております。 (2023.11.27, Kさん)
  • 大切なお仕事、ありがとうございます。応援しております。 (2023.11.27, Kさん)
  • 少しでも皆さんが暖かい冬を過ごせますように。日本の良心である、JARの活動に少しでも、貢献できますように。 (2023.11.26, Mさん)
  • 難民支援について直接的な支援が時間的になかなか難しいのですが、JARを支援することで難民支援につながると思いますので今後も応援させていただきたいと存じます。 (2023.11.26, Nさん)
  • 早く住み易い日々となりますように。 (2023.11.25, Gさん)
  • 難民、外国人に冷たい日本政府に心が痛みます。少しでも多くの方に「安心」が届いてほしいです。 (2023.11.25, Iさん)
  • 最近の政府の難民支援に対する無策と冷遇ぶりには目を覆わんばかりです。貴団体の活動が、決して良い環境とは言えない日本に逃げざるを得ない難民の命と尊厳を守る最後の砦のひとつだと思います。少額ですが、寄付を役立てていただきたく、お受け取りください。 (2023.11.25, Sさん)
  • ますます世界の分断が、人々の分断が増す中で、細やかですが共生への願いです。 (2023.11.25, Hさん)
  • 応援しています。 (2023.11.25, Sさん)
  • 暖かい冬が過ごせますように (2023.11.25, Yさん)
  • 同じ日本にいながら、人間として当たり前の権利さえ得られていない方々がたくさんいらっしゃるという現実を知り、とても悲しい気持ちになっております。少しでもお役立ていただければ幸いです。 (2023.11.25, Oさん)
  • 今回もニッポン複雑紀行を読んで、支援をさせていただきたいと思いました。本当に微力ですが、応援しております。 (2023.11.25, Sさん)
  • この冬も来日された難民の方々にとって厳しい状況火と思います。少しでも安らげることが出きればと願っています。 (2023.11.25, Mさん)
  • 連日のガザ地区の報道に心を痛めています。大変微力ではございますが少しの足しになれば幸いです。その活動に感謝致します。体調崩されませんようご自愛ください。 (2023.11.24, Hさん)
  • 「冬のご支援のお願い」の御寄附です。 (2023.11.24, Sさん)
  • 難民がふえる一方の世界、苦しい生活の方々に何もしてあげられない事が悔しい (2023.11.24, Aさん)
  • 少額で申し訳ございません。活動を心から応援し、そして尊敬しております。 (2023.11.24, Oさん)
  • 手元にあるものをお送りします。どうぞお役立てください。 (2023.11.24, Hさん)
  • わずかですが助けになれば幸いです。 (2023.11.24, Iさん)
  • ささやかですが、国を逃れて日本にいらっしゃる難民の方々に少しは心が温かくなりますように・・・祈りつつ (2023.11.24, Tさん)
  • 寺からの寄付です。いつも貴重なおはたらき有難うございます。 (2023.11.24, R寺)
  • 月に600人・・・本当に御苦労様です。 (2023.11.24, Eさん)
  • この一年で世界の情勢は益々危うい方向に突き進んでいるように思います。様々な事情で、日本を頼りに来日される方々が少しでも生きやすい国であれば良いなと常々思っています。皆さまの活動がより充実したものになることを陰ながら応援しています。 (2023.11.24, Hさん)
  • 一人でも多くの難民の方がこの冬を暖かく過ごせますよう、よろしくお願いします。 (2023.11.24, Nさん)
  • この世に生を授かった人として、最低限の支援をさせて頂きます。一助となれば幸いです。 (2023.11.24, Mさん)
  • 「できる時にできることを」の言葉に自分自身が励まされながら、JARの活動を応援しています。 (2023.11.24, Kさん)
  • 支援要請の手紙受領しました。僅かですがお役立てください。 (2023.11.23, Hさん)
  • 縁あって日本に来られた方々に今を生きる仲間としてお手伝いの気持ちを届けてくださるようお願いします。 (2023.11.23, Sさん)
  • 少しでも温かい気持ちになれるお手伝いが出来たらと思っています。難民の方々の事を忘れることなく日々過ごしたいと思っています。 (2023.11.23, Hさん)
  • 寒くなって、暖かい住まいや援助がないとますます身も心も辛くなっていくことでしょう。わずかな額で恐縮ですが、支えの一助になれば幸いです。 (2023.11.23, Tさん)
  • わずかですが、日本に来られた難民の方々が人間としての尊厳を維持できますことを願います。 (2023.11.23, Oさん)
  • 寒くなった来ました。お体大切に (2023.11.23, Mさん)
  • 少額ですが、お力になれますように。 (2023.11.23, Oさん)
  • スタッフの方々もどうぞお身体にお気をつけてください。 (2023.11.23, Mさん)
  • 日本政府が、日本に逃れてくる難民について理解を深め、積極的な受け入れ政策をとるよう、貴協会が今後も粘り強くご活躍されることを期待し、ささやかな支援をします。 (2023.11.23, Tさん)
  • 難民の方々が冬を安心のなかで過ごせます様に。 (2023.11.23, Sさん)
  • 無理しないように (2023.11.23, Yさん)
  • 人権が軽視される日本の状況を変えるべく、地道な広報、政策提言活動にも注力されていることに感謝します。これからもよろしくお願いいたします。 (2023.11.23, Iさん)
  • 難民の皆様、ご支援される皆様のご健康をお祈りいたします。 (2023.11.23, Kさん)
  • すばらしい活動心より応援しております。 (2023.11.22, Tさん)
  • ひとりでも多くの方が「暖かく・温かい」年末年始をむかえられますように・・・ (2023.11.22, Mさん)
  • お金でしか援助できず、すみません。 (2023.11.22, Kさん)
  • NHKドラマ「やさしい猫」を見て妻がやっと難民問題に理解を示すようになりました。映像の力はやはり凄い! (2023.11.22, Sさん)
  • ほんのわずかですが・・・ (2023.11.22, Mさん)
  • 冬のご支援のお願いを読み、送金させていただきます。 (2023.11.22, Sさん)
  • この世から戦争をなくすことはできないのでしょうか。増え続ける難民に心をいためています。 (2023.11.22, Oさん)
  • 御協会の活動を応援しています。微力ですが、少しでもお役に立てることを望んでいます。今後も寄付を続けていきたいです。 (2023.11.22, Kさん)
  • これから寒い冬に向かい、難民の人々もひときわ辛い日々を過ごすことになりますね。JARの皆さんの暖かい気持ちで、一人でも多くの難民のかたが新たな年に移っていけますのようお祈りしています。 (2023.11.22, Sさん)
  • 僅かですが、皆さまの助けとなりますように。 (2023.11.22, I教会)
  • すみません少額ですが支援の足しになればと思っています (2023.11.22, Sさん)
  • HAPPY LIFE (2023.11.22, Nさん)
  • いつも少ししか寄付できず、申し訳ありません。 (2023.11.21, Sさん)
  • 世界に平和を! (2023.11.21, Kさん)
  • わずかですみません。 (2023.11.21, Eさん)
  • 世界のあちこちから毎日聞こえてくる悲鳴に心を痛めております。当事者の方々が運よく(?)戦火のない日本で少しでも安らかな気持ちをいだけたらと願います (2023.11.21, Fさん)
  • 少しでも役に立てば幸いです。 (2023.11.21, Sさん)
  • 「日本の難民認定制度と運用を入管庁から切り離し独立機関による公正な審査を一次審査から行う制度にする」という意見に賛成です。おそらく現在の入管には、難民認定の審査を公正に行う能力(人材)もその余裕も(時間的なことも含めて)ないのだろうと思います。過剰な負担が職員にかかっていて仕事が遅れたり吟味を十分にしなかったり、ストレスを難民にぶつけたりする可能性があると思います。 (2023.11.21, Iさん)
  • 今年は少なくてごめんなさい。 (2023.11.21, Nさん)
  • 少しでもお役に立てればと思います。 (2023.11.21, Aさん)
  • 些少で心苦しいですが、少しでもお役に立てばうれしいです。 (2023.11.21, Nさん)
  • 少しばかりですが、皆様の力になれば幸いです。活動応援しております。 (2023.11.21, Nさん)
  • 世界中の人たちの幸せお祈りしています。 (2023.11.21, Nさん)
  • 平素よりの尊いご活動に心から敬意を表します。 少額ですが 寄付をさせていただきます。 (2023.11.21, Hさん)
  • 早期に生活が改善することを願っています。 (2023.11.21, Sさん)
  • 最近何で寄付しているのか分からなくなってきました。少額ですが有用にお使いいただければ幸いです。 (2023.11.21, )
  • 活動に連帯します。わずかですがお役立てください。 (2023.11.21, Hさん)
  • Best wishes for all of your work. (2023.11.21, Nさん)
  • どうぞ難民の方々が幸いなクリスマスを迎えられますように。僅かで申し訳ありませんが、お役に立てるなら感謝です。 (2023.11.21, Mさん)
  • アフガニスタンやウクライナ出身者に限らず日本に逃れてきた人たちが、受けて当然の公的支援をすみやかに受けられるよう制度が変わることを祈っています。 (2023.11.21, Sさん)
  • 日本を代表して、日本にいらした難民の皆さんに寄り添い支えてくださり、本当にありがとうございます。ささやかな金額で大変恐縮ですが、少しでも暖かな冬を過ごせましたら、幸いです。 (2023.11.21, Aさん)
  • 記事を読み、難民の皆さんが置かれている現状を知りました。 (2023.11.21, Kさん)
  • 大した力にはなれませんが、このような世界の中で皆さんのお仕事の大切さを痛感しています。日本が世界の誰にとってもより公正な国になることを願っています。 (2023.11.21, Kさん)
  • 少額ですが、お役に立てて下さい。 (2023.11.21, Sさん)
  • 皆さん方の活動には心から敬意を表しています。と同時に日本政府の冷たく、心無い対応は、本当に腹立たしく、情けなく人間のすることかという怒りでいっぱいになります。難民の方が増える状況下、ほんのわずかですが、支援させていただきます。忙しくて、なかなかご期待に沿えそうにはありませんが、XX方面で何かお手伝いできることがあれば、ちょっとでも行動したいです。 (2023.11.20, Oさん)
  • 政府が“難民条約加入してますよ詐欺”を続けているので、僅かなりともその尻ぬぐいをせざるをえない。まともに対応するようになるどころか、今年は詐欺の度合いを上げやがったし…いつになったらこの寄付をやめられるんですかね、ワタシ(完全に愚痴) (2023.11.20, Aさん)
  • スタッフの皆様、ご苦労様です。 (2023.11.20, Iさん)
  • いつも貴重なおはたらき有難うございます。 (2023.11.20, Kさん)
  • いつも些少ですみません。 (2023.11.20, Yさん)
  • 寒くなってまいります。皆様お大切にお過ごしください。 (2023.11.20, Sさん)
  • 地球は青くてきれいだったと宇宙飛行士の弁、その地球で中東はイスラエルがパレスチナをイジメる、弱肉強食の世界だった。なぜ共存共栄が出来ないのか? (2023.11.20, Hさん)
  • 微力ながら協力させていただきます。 (2023.11.20, Uさん)
  • どの国かにかかわらず人に優しい政府であって欲しいです。 (2023.11.20, Mさん)
  • 本日、郵送物が届きました。当たり前に日々を過ごしてしまっておりますが、毎回報告書を見る度に考えさせられ、平和に過ごしている自分を省みております。自分には出来ないような皆様の活動を、心より応援しています。細やかではございますが、少しでも何かお手伝いになればと思っております。 (2023.11.20, Mさん)
  • スタッフの皆さんの御努力に感謝します。どうかこれからも難民の方々に寄り添ってあげてください。 (2023.11.20, Tさん)
  • 日本を頼って来た人達に対して、政府の対応は国の恥です。 (2023.11.20, Nさん)
  • あきらめすに、がんばって。 (2023.11.20, Tさん)
  • 難民の方々を取り巻く状況が一向に改善されないことに日々胸を痛めております。心ばかりですが、ご活用いただけますと幸いです。 (2023.11.20, Sさん)
  • つらい思いをさせてしまって申し訳ないです。関心を寄せ続けますし、周囲にも支援の輪を広めていきます。 (2023.11.19, Kさん)
  • 想像もつかないほどの恐怖から逃れてきた難民の方々が日本でもまた不安な日々を過ごしていらっしゃることに心が痛みます。自分ごととして何をしたらよいのかわからない無力感がありますが、わずかでも支援を続けることで難民の方々の助けになればと願っています。寒さが増す中、暖かく少しでも心安らかに過ごせますように。 (2023.11.19, Nさん)
  • この世界から全ての武器を無くして欲しい。防御の武器も攻撃の武器。 (2023.11.19, Iさん)
  • 母国から逃げてこられた方達が安心して日本で過ごすことができるよう、心から祈っています。 (2023.11.19, Sさん)
  • 難民の方が増えていると知り、私以上に大変な境遇を自分が出来る限りは支えられたらと願います。難民の方もスタッフの方も無事年が越せますように。体調お気をつけて。 (2023.11.18, Tさん)
  • 微力ではございますが、応援させて頂きます。 (2023.11.18, Tさん)
  • 日本での生活が軌道に乗れますよう心より祈念申し上げます。 (2023.11.18, Sさん)
  • いつもお疲れ様です。連帯しています。 (2023.11.17, Oさん)
  • 支援協会皆さまの活動を尊敬します (2023.11.17, Hさん)
  • 難民支援協会の皆様の献身的な活動に敬服しています。少しでもお力になれればと思います。 (2023.11.17, Iさん)
  • 難民支援協会のみなさん、いつも難民の方々に温かい支援をしてくださりありがとうございます。今回の通信を読んで、去年から日本に来る難民が激増していることを知り驚きました。ほんの少しの支援ですが、難民の方々が少しでも安心と幸せを感じられるようになればいいなと、いつもお祈りしております。国籍や人種・性別・障害のあるなしに関わらず、みなが安心して生きられる社会にしていきたいですね。 (2023.11.17, Hさん)
  • 少額で申し訳ありません。少しでも支援になればと思います。 (2023.11.17, Uさん)
  • せっかく日本に来てくださった難民の方々の苦境に心を痛めるばかりです。支援現場のスタッフさんたちにも頭が下がります。とてもささやかですが、お役に立てば幸いです。 (2023.11.17, Cさん)
  • 難民支援政策が改善されることを祈っています。少しでも多くの寄付が集まりますように。 (2023.11.17, Iさん)
  • Grace be with you all (2023.11.17, Oさん)
  • スタッフの皆さん、日々のお仕事本当にお疲れ様です。地球市民の一員として厳しい立場の方々にやさしい日本社会であってほしいと願います。気持ちばかりの雀の涙ですが、お役立てください。 (2023.11.17, Nさん)
  • 私自身収入が少なく、僅かな金額しか寄付できなくてすみません。難民の方々は勿論、スタッフの皆さんが心身共に守られますよう、お祈り申し上げます。 (2023.11.17, Kさん)
  • スタッフの皆さん、ご苦労さまです。野宿する人が少しでも少なくなりますように。日本はもっと難民を受け入れよ。改悪入管法反対。Stop Genocide! Free Plestine! (2023.11.17, Tさん)
  • 救いを求めて逃れてきた人々を温かく受け入れる日本であってほしいと願っています。よろしくお願いします。 (2023.11.17, Nさん)
  • 日本政府の対応に憤りを感じています。お体に気をつけて冬をお過ごしください。 (2023.11.17, Sさん)
  • ささやかですが活動を支援させていただきます (2023.11.17, Nさん)
  • 微力ですが少しでもお力になれましたら。 (2023.11.17, Iさん)
  • ウクライナ難民はあんなにもちやほやされているのに、同じ難民でもこんなにも待遇が違うなんて、愕然とします。所得税減税する余裕があるなら、その分を回してもいいのではと思います。日本国として難民を受け入れない方針なら、政府はその事をもっとアピールして欲しいです。日本は安全でもないし、日本人は親切でも何でもないと。そうしないと不運な難民が続々と日本に間違って来てしまう。日本人として恥ずかしいし、残念でなりません。 (2023.11.17, Iさん)
  • 難民の皆さんの少しでもお役に立てれば、です。入管法が改悪されてしまいましたが、だからこそ一人の「国民」として、国の政策を変えるためにもまずはご支援したく思います。 (2023.11.17, Tさん)
  • 応援しています。 (2023.11.17, Kさん)
  • どんなことがあっても うららかに 生きましょう。 (2023.11.17, Mさん)
  • 気持ちばかりですが応援します‼ (2023.11.17, Oさん)
  • 日々の活動有難うございます。ささやかな金額の応援しか出来ませんが、気持ちはいつも共にあります。ウクライナが膠着状態に陥る中、今度はパレスチナへのイスラエルのジェノサイドと目を覆うばかりです。アフリカ諸国の難民問題も欧州各国の植民地政策が起因。今は南北格差で金利権の奪い合い。国民の苦難が続いています。日本政府の後ろ向きな難民政策でご苦労多々ある中、スタッフの皆様もお身体に気を付けて活動なさってください。 (2023.11.17, Tさん)
  • 活動に敬意を表しています。スタッフの皆さんも健康にご留意ください。 (2023.11.17, Sさん)
  • 応援しています! (2023.11.17, Kさん)
  • これしか出せないのが無念ですが、現場の皆さんの厳しさ、難民とならざるを得なかった名前のあるひとりひとりの方々の苦境を想像すると本当に、寄付する度に日常から自分が出来る事をやってくのだって気持ちを新たにします。制度もですがこれは選挙からですね…持ち場でがんばります。どうか心身が健やかでありますよう、人間に希望が持てますよう。 (2023.11.17, Aさん)
  • 難民の皆様お疲れ様です。お元気にお過ごされますよう希望いたします。 (2023.11.17, Tさん)
  • いつもありがとうございます。一段と寒くなる折、少しですがお役に立てるとうれしいです。みなさまもお身体に気をつけてお過ごしください。 (2023.11.17, Iさん)
  • 僅かですが役立ててください。 (2023.11.16, Kさん)
  • 日本語教師として、日本に定住する外国の方々の言葉の支援をしていますが、経済的な支援の必要性も強く感じています。 (2023.11.16, Kさん)
  • いつもJARの皆様の献身的なご活動に本当に頭が下がる思いがしております。自分自身にできることは限られており情けない限りですが、今後も何か少しでもお役に立てるよう精進して参りたいと存じます。引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。 (2023.11.16, Uさん)
  • 少しですが何かのお役に立てればと思います。 (2023.11.16, Yさん)
  • 住んでいた家や国を離れ、ご家族も必ずしも一緒ではない…想像するだけで辛く、受け入れ難い現実です。言葉にならない悲しみや苦しみも多いと思います。私は当事者皆さんの気持ちを分かることはきっと出来ませんが、少しでも寄り添って、皆さんが日本で過ごすことに希望を持てますように… (2023.11.16, Sさん)
  • 折れずに頑張ってください。 (2023.11.16, Yさん)
  • 世界中、日本中厳しいですね。ため息で済ませないで、過労の中働いていられる職員の方々にお礼を言いたいです。少額ですが、少し役に立ちますように。 (2023.11.16, Uさん)
  • 少額ですが、お役立てください。 (2023.11.16, Cさん)
  • 健康第一で御健闘を祈ります (2023.11.16, Iさん)
  • 少ないですが、お役に立てれば光栄です。 (2023.11.16, Iさん)
  • どうぞ温かい冬を過ごせますように祈っております。 (2023.11.16, Sさん)
  • 難民の方々の苦しみを思うと心が痛みます。 一人でも多くの方が安心して休める居場所が確保できますように願っています。 (2023.11.16, Sさん)
  • 平和な世界が来るように! (2023.11.16, Yさん)
  • 難民の方々が安心して生活ができる日が早く来ることを願っています。 (2023.11.16, Mさん)
  • スタッフの皆様、身体を壊さぬように気をつけてくださいね (2023.11.16, Nさん)
  • 混沌とした今の世界で、日本に難を逃れてこられた方々の少しでもお力になれればと思い、微々たることしかできませんが、これからも私にできることをしていきたいと思います。日本に来てよかつたと思っていただけることができれば幸いです。 (2023.11.16, Nさん)
  • メール等で活動の様子を拝見しています。大変な状況のなか、悩ましいことばかりでしょう。わずかな額ですが寄付させていただき、がんばってくださっている方々への応援の気持ちを表したいと思います。 (2023.11.16, Tさん)
  • 「日本になんて来なければよかった」と泣く人が少なくなりますよう、ご尽力を非力ですが応援しています。 (2023.11.16, Mさん)
  • 不安から逃れるためにたどり着いた日本で、多くの方がさらに辛い思いをされていると思うと胸が痛いです。暖かい部屋で冬を過ごされますよう祈っています。 (2023.11.16, Yさん)
  • 世界各地に戦火が拡大し、難民が急増することが憂慮されます。貴会のますますのご活躍をお祈りします。 (2023.11.16, Tさん)
  • 何も出来なくてすみません。希望の光があなた方を導いてくれる事を願ってます。 (2023.11.16, Fさん)
  • ほんの少しでも難民の皆さんの助けになれれば幸いです。 (2023.11.16, Kさん)
  • メルマガ拝読しました。窮鳥懐に入れば猟師も殺さずといいます。まして同じ人間なのですから事情を知ってしまった以上助けないわけにはいきません。わずかではありますが、よろしくお願いいたします。 (2023.11.16, Yさん)
  • 「支援現場は限界に近い状態が続いている」という記事を読みました。難民支援協会の皆様は、今まで困難に直面した難民の方々を支援されて来られてこられてきたその活動が、ギリギリの状況に追い込まれていることが伝わり、胸を痛めています。スタッフの皆様への負荷、ストレスも相当なものだと推察いたします。どうか、心身を壊さぬようお気をつけください。 (2023.11.16, Yさん)
  • さまざまな理由で日本に来られる皆さまのことを、特に戦争・紛争などの多い昨今、いつも思っております。ささやかな金額の寄付で恐縮ですが、難民の方々がどうか少しでも温かな気持ちで今冬を過ごされますよう、心よりお祈りいたしております。 (2023.11.16, Yさん)

なぜ、言葉も通じない日本を選ぶの?

逃げる先を探すなかで、最初に日本のビザが下りたからという理由が多いです。言葉の面などで不安があっても、他の国のビザを待つ余裕がなく、日本行きを決心します。

難民を受け入れるとテロなど治安が悪くなるのでは?

通常、難民にも入国審査があり、治安上の懸念がある人かどうか確認されます。もちろんリスクはゼロではないですが、外国人観光客と同様と私たちは捉えています。

「偽装難民」も多いと聞きましたが?

日本で働くことを目的に難民申請をする人がなかにはいるようです。一方、紛争や迫害から庇護を求めている難民が少なからずいることも事実で、その数は202名(年間の日本の難民認定数)に留まりません。

写真:石川 えり

石川 えり

認定NPO法人 難民支援協会 代表理事

民間からできる支援を、あなたも一緒に

高校3年生の頃にテレビで見た、ルワンダ内戦。民族の違いで隣人同士が殺し合い、そして逃げまどう人々が訪れた難民キャンプ。「私にできることは?」と国際協力の道を志しました。
あれから20年以上、今も世界各地で平和や安全が踏みにじられ、逃れた人々は日本に助けを求めています。扉を固く閉ざす政府の方針を批判するだけでなく、日本にいる私たちだからできる支援に、地道に取り組んでいきたい。「難民を受け入れる社会」を、民間から一緒につくっていきましょう。

※ 当会では、遺贈や相続財産からのご寄付も受け付けております。
詳しくはこちらをご覧ください。