本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 注目の難民ニュース  > 法務省発表「平成20年における難民認定者数等について」

注目の難民ニュース

法務省発表「平成20年における難民認定者数等について」

2009年1月30日

法務省入国管理局より、「平成20年(2008年)における難民認定者数等について」が発表されました。
それによると、難民申請数は1,599人(前年比783人増加。過去最高)、難民として認定されたのは57人(前年比16人増加。うち17人は異議申立手続における認定)となっています。また、難民と認定されなかったものの、人道的な配慮により在留が認められたのは360人(過去最高)となっています。

申請数の急増により手続きのいっそうの長期化が予想されます。難民支援協会では、その間の生活保障や就労資格の付与などを求めるとともに、最低限のセーフティネットを確保できるよう民間でできる支援の拡充について取り組んでいきたいと考えています。皆さまのご協力をお願いします。

その他、発表資料を以下のとおりまとめました。詳細は法務省のホームページよりご覧いただけます。

・難民認定申請者:1,599人(内訳:ミャンマー(ビルマ)979人、トルコ156人、スリランカ90人、ほか374人)
・認定数:57人(内訳:ミャンマー54人、ほか3人)
・人道配慮による在留許可:360人(内訳:ミャンマー328人、ほか32人)

<手続別>
一次審査
 申請数 1,599人
 認定数 40人(内訳:ミャンマー38人、ほか2人)
 不認定数 791人
 取り下げ等 87人

異議申立(二次審査)
 異議申立数 429人(内訳:ミャンマー195人、トルコ84人、スリランカ39人、ほか111人)
 認定数 17人(内訳:ミャンマー16人、ほか1人)
 棄却数 300人(内、人道配慮45人)
 取り下げ等 34人

全国難民弁護団連絡会議調べによると、一次審査での認定数40人の中には、不認定取消訴訟での勝訴確定ののちに難民認定を受けた少なくとも6人が含まれています。
なお、このほかに、地裁での結審直前に入管に再申請を促され難民認定を受けた者が1人います。

<仮滞在>
・仮滞在許可審査数 656人
・許可数 57人
・不許可数 599人 

(2009年1月30日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。