本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > ニュースリリース  > (12/31迄)環境負荷ゼロ、難民ゼロを目指すエシカルパソコンの購入で日本に逃れてきた難民を応援

活動レポート

(12/31迄)環境負荷ゼロ、難民ゼロを目指すエシカルパソコンの購入で日本に逃れてきた難民を応援


難民支援協会(JAR)は、難民雇用をする企業、ピープルポート株式会社が販売するZERO PCの「想う PROJECT」に参加しています。

「想う PROJECT」は、環境負荷ゼロ、難民ゼロを目指した再生パソコンZERO PCを購入することで、JARを含む、環境や難民問題に取り組むNPO団体を応援できるプロジェクトです。

12月31日(木)までに、下記ウェブサイトの寄付先団体リストから「難民支援協会」を選択いただくと、購入金額の5%がJARへ寄付されます。

パソコンの購入、買い替えを検討されている方は、ぜひ購入をご検討ください!

ZERO PCとは?
ZERO PCとは、環境負担ゼロ、難民ゼロを目指すエシカルパソコンです。パソコンは、製造するときにいろいろな問題を生みます。例えば、資源から部品化する過程では、使用時よりもよっぽど多くのCO2が排出され、環境汚染に繋がっています。

さらに、パソコンには紛争鉱物と言われるレアメタルが使われていて、その採掘はアフリカでの紛争悪化や児童労働の温床となっています。
日本にも、そのような紛争地から命を守るために逃れてきた難民がいます。ピープルポートでは、雇用する難民の方々の手によってパソコンを再生させることで、資源の再利用と難民の雇用に取り組んでいます。

◆ 参加方法
ZERO PC商品ページよりシリーズを選ぶ
②シリーズページ内よりご希望のパソコンを選ぶ
③商品購入画面にある「寄付先を選ぶ」タブより「認定NPO法人 難民支援協会」を選択し購入

◆ 実施期間
11月2日(月)〜12月31日(木)
※12月31日23:59までにウェブサイト上での購入手続きを終えたもの。

◆ 参加団体
参加団体は、難民支援協会を含む、環境問題または難民(紛争)問題に取り組む12団体です。

本企画の詳細については、こちらをご覧ください。

(2020年12月1日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。