本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 支援の輪  > 日本で暮らす難民の故郷の味を、この夏も12大学&高校の学食で!

活動レポート

日本で暮らす難民の故郷の味を、この夏も12大学&高校の学食で!


難民支援協会(JAR)が日本に暮らす難民と制作したレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」から生まれたプロジェクト「Meal for Refugees(M4R)」が、この夏も全国の大学で展開中!

M4Rは日本にも難民が暮らしていることを知る機会を食堂に作る、学生主体の認知啓発活動です。これまで、全国の35大学以上で導入されました。
一食につき20円が難民支援協会(JAR)への寄付となり、支えることにもつながります。累計100万円の寄付金に生まれ変わっています。
各大学でさまざまな工夫を凝らして活動していますので、お近くの方はぜひ、学食を訪れてみてはいかがでしょうか(※ 学生以外、立ち入れない学校もありますので、事前にご確認ください)。

導入予定大学(随時更新)

  • 国際基督教大学  5/28-6/8
  • 立命館大学  6/4-8
  • JICA中国  6/5-18
  • 慶應義塾大学  6/11-22
  • つがね食堂(山梨県)  6/16、17
  • 明治大学 和泉キャンパス  6/18-22
  • 東京女子大学  6/18-29
  • 関西学院高等部  6/18-22
  • 聖心女子大学  6/19,21,23,24
  • 大妻女子大学  6/20
  • 千葉大学  6/20
  • 南山大学  6/23
  • 明治大学 生田、駿河台キャンパス  6/25-29
  • 山梨英和大学  7/2-6,9/13
  • 大阪大学  7/17-20.23-29


★「#M4R」というハッシュタグをつけたSNSでの感想もお待ちしています!
M4R Facebookページ では各大学の最新情報を更新中です。
Twitterはこちら

(2018年6月29日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。