本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > 「第8回沖縄平和賞」を受賞 15年以上にわたる包括的な活動実績と、事業の継続性を確保するための広報活動が評価

ニュースリリース

「第8回沖縄平和賞」を受賞
15年以上にわたる包括的な活動実績と、事業の継続性を確保するための広報活動が評価

報道関係者各位

2016年9月2日
認定NPO法人 難民支援協会

「第8回沖縄平和賞」を受賞
15年以上にわたる包括的な活動実績と、
事業の継続性を確保するための広報活動が評価

PDFファイル(リリース)

この度、難民支援協会(東京都新宿区、代表理事:石川えり)は、沖縄県から「第8回沖縄平和賞」を受賞いたしました。「15年以上にわたる地道で包括的な活動実績と、事業の継続性を確保するための広報活動」が評価されました。
平和を強く希求する沖縄の皆さまから、弊会の取り組みを評価していただけたこと、心より深くうれしく受け止めています。難民を取り巻く世界の紛争や人権侵害に対する解決の糸口は見えず、また、たどり着いた日本でも難民として認定されるあてが乏しい状況に、力不足を突きつけられることは少なくありません。今回の受賞は、長く苦難の道を歩み続けている沖縄の皆さまに、取り組みを認めていただけたという点でも非常に光栄に感じています。
日々、弊会の活動を支えてくださる支援者の皆さまと、難民を取り巻く厳しい状況の日本で、ある意味、苦しみをともにしてきた難民の方々とともに、この受賞の喜びを分かち合いたいと思います。また、弊会を創設から見守ってくださった故・本間浩先生には、お礼とともに、ご報告をしたいと思います。学術的見地から難民問題の先陣を切り開くとともに、日米地位協定の法的分析にも取り組まれ、亡くなる直前まで、沖縄の状況を憂慮されておりました。
紛争や人権侵害から逃れてきた難民は、平和、自由、民主主義などの価値を再確認させてくれる存在です。引き続き、「難民のために」よりよい支援を実現すること、そして「難民とともに」平和で非暴力な世界の実現に日本から貢献できるよう、さらに精進してまいります。
なお、授賞式および記念講演は、2016年10月31日(月)、那覇にて行われます。あらためて、支援者の皆さまには、ご報告させていただきます。

以上

本件に関するお問い合わせ

認定NPO法人難民支援協会 広報部 田中
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
Tel:03-5379-6001|Fax:03-5379-6002|info@refugee.or.jp

(2016年9月2日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷