本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > ソウ・エクスペリエンスが難民支援協会の協力の元、 ビルマ人難民の運営するレストランをカタログギフトに掲載、 ギフト経由での送客を通じて日本における難民問題の啓発を促進

ニュースリリース

ソウ・エクスペリエンスが難民支援協会の協力の元、 ビルマ人難民の運営するレストランをカタログギフトに掲載、 ギフト経由での送客を通じて日本における難民問題の啓発を促進

報道関係者各位

2014年8月11日
ソウ・エクスペリエンス株式会社
認定NPO法人 難民支援協会

ソウ・エクスペリエンスが難民支援協会の協力の元、 ビルマ人難民の運営するレストランを
カタログギフトに掲載、 ギフト経由での送客を通じて日本における難民問題の啓発を促進

PDFファイル

体験ギフトの大手ソウ・エクスペリエンス株式会社(東京都品川区、代表取締役:西村琢)は認定NPO法人難民支援協会(東京都新宿区、代表理事:中村義幸)の協力を得て、ソウ・エクスペリエンスの商品であるレストランカタログRed(20,000円、税別)にビルマ人難民の運営するレストランRUBY(高田馬場)を掲載し送客を開始すると共に、売上金額の一部を難民支援協会に寄付するプログラムをスタートします。

レストランカタログRedの概要

会員制の隠れ家レストラン、船上ディナーを楽しめるクルージング船、高層階から街並を見渡せるタワーレストランなど、様々な個性溢れるお店から選べるレストラン体験カタログ。掲載されているのは全国主要都市の40のレストラン。いずれのレストランでも2名様向けのコース料理が設定されており、ギフトを贈られた方が希望のお店をひとつ選択、ご予約の上でお食事をお楽しみいただけます。ソウ・エクスペリエンスの直営ECサイトの他、大丸東京や全国のマルイ、フランフラン等全国約100店舗の小売店で販売中。

今回の取り組みの概要

レストランカタログRedで選べる新しい店舗として、難民として日本に滞在するビルマ人夫妻の運営するレストランRUBYを掲載致します。ギフトを贈られた方がRUBYを選んだ際は難民支援協会発行の難民郷土料理レシピ本『海を渡った故郷の味』を進呈し難民問題への関心を高めると共に、チケット1枚あたり5,000円をソウ・エクスペリエンスから難民支援協会へ寄付致します。

leaflet1_620.jpg

leaflet2.jpg


会社/団体概要

■会社名:ソウ・エクスペリエンス株式会社
■代表取締役:西村 琢
■設立:2005年5月
■資本金:1億376万円
■従業員数:25名 (2014年8月現在)

■団体名:認定NPO法人 難民支援協会
■代表理事:中村 義幸 
■設立:1999年7月
■職員数:27名 (2013年6月30日現在)
■所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
■活動内容:難民への法的・生活支援、自立支援、政策提言・調査研究、ネットワーク、啓発・
情報発信

本プレスリリースに関するお問い合わせ


ソウ・エクスペリエンス株式会社 代表 西村琢
【電話】03-6431-8360 【FAX】03-6431-8361 【メールアドレス】info@sowxp.co.jp
認定NPO法人難民支援協会 広報部 田中 志穂(たなか しほ)
【電話】03-5379-6001 【FAX】03-5379-6002 【メールアドレス】press@refugee.or.jp

(2014年8月11日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷