本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > 「エクセレントNPO大賞」受賞

ニュースリリース

「エクセレントNPO大賞」受賞

2013年12月6日
認定NPO法人 難民支援協会

「エクセレントNPO大賞」受賞

この度、認定NPO法人難民支援協会(東京都新宿区、代表理事:中村義幸)は、第2回「エクセレントNPO大賞」(「エクセレントNPO」をめざそう市民会議主催)において「大賞」と「組織力賞」を受賞いたしました。

大賞受賞理由は、「組織力に秀でているだけではなく、日本に逃れてきた難民の支援という比較的注目されにくい社会的な課題の解決に地道に取り組んでおり、寄付やボランティアを通じた市民社会の機会を作ることにおいても積極的で堅実な実績を積んでいる」というものです。 
多くの市民の参加を得て活動を行い、市民一人ひとりが公益を担う「市民社会」の可能性を追求することも、NPO/NGOである弊会の存在意義であり、今回の受賞は大変ありがたく受け止めています。これまで活動を支えてくださった支援者、関係者の皆さま、そして、一緒に歩んできた難民の方々に、心よりお礼を申し上げます。

1999年の設立以来、幅広くご支援をいただきながら活動を続けてまいりましたが、依然多くの難民が厳しい状況に置かれています。2013年10月末時点で、今年の日本での難民申請者数が昨年を上回る2,600名を越えたことが分かりました(難民支援協会調べ、11月25日リリース)。3年連続での難民申請者の急増を背景に、多くの難民申請者がセーフティネットから抜け落ち、ホームレス状態となり厳しい状況に置かれていることが懸念されます。弊会は今後も、より一層努力を重ね、活動を展開してまいります。

以上

認定NPO法人難民支援協会(JAR)について

日本に逃れてきた難民が、自立した生活を安心して送れるよう支援している認定NPO法人。難民申請の手続きや、日本での医食住、教育、就労などに関する支援を行うと同時に、難民受け入れに関する政策提言や認知啓発も実施。支援対象者の国籍数は年間約50ヶ国、来訪/外部相談件数は2,500件以上。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の事業実施契約パートナー。

本件に関するお問い合わせ

認定NPO法人 難民支援協会 広報部 田中
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
Tel:03-5379-6001|Fax:03-5379-6002|info@refugee.or.jp|www.refugee.or.jp


(2013年12月6日掲載)

 印刷