本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > その他お知らせ  > 新型コロナウイルスへの当会の対応(4/8更新) / JAR's Policy in Regard to the Coronavirus (Updated Apr. 8)

その他お知らせ

新型コロナウイルスへの当会の対応(4/8更新) /
JAR's Policy in Regard to the Coronavirus (Updated Apr. 8)

English

新型コロナウイルスへの当会の対応(更新)

作成 2020年4月8日

平素より、当会をご支援くださり、誠にありがとうございます。
昨日、東京都を含む7都府県に、新型コロナウイルス感染症対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
当会では、2月末以降、事務所への出勤人数を減らしながらも難民の方々への対応を続けて参りましたが、難民の方々、関係者、およびスタッフの健康と安全を考え、事務所での対応を縮小することとしました。

1. 難民の方々への対応

  • 食料提供や宿泊先の支援など、最低限の生活を維持するために必要な支援活動を続けるため、事務所での対応は週2日(火曜日および金曜日)行い、その他の相談については可能な限り電話およびオンラインで対応します。
  • 当会での相談対応の制限に加え、生活にあたっての注意等を簡潔にまとめ、翻訳した上でメールやウェブサイト等で情報提供していきます。

2. 支援者および関係者の皆様への対応

  • 電話でのお問い合わせに対しては、テレワークで対応をさせていただきます。なるべく問い合わせフォームをご利用いただきますようお願いいたします。
  • 物資の寄贈は、引き続き、受付を中止いたします。
  • 郵送が必要な対応は、遅れることが想定されますので、あらかじめご了承ください。


このような状況のもとで、当会が支援している難民の方々もまた厳しい状況におかれることが考えられますので、人との接触をできる限り抑制し感染拡大防止に取り組みつつ、支援を継続してまいります。
支援者および関係者の皆さまにはご迷惑をかけることもありますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

以上


JAR's Policy in Regard to the Coronavirus (Updated)

April 8, 2020

We thank you for your continued support.
Yesterday, on April 7th, the government issued a declaration of emergency in seven prefectures, including Tokyo.
Japan Association for Refugees(JAR) decided to reduce the service, considering the safety for our clients and staff, from the first response of COVID-19 in the end of February.

1. Interaction with our clients (refugees / people who seek asylum)

  • We will open the office two days a week (Tuesdays and Fridays) in order to provide the necessary support such as food and accommodation. Other consultations will be handled by phone and online as much as possible.
  • Information about our service restrictions and related issues on the coronavirus will be communicated with regard for our clients via e-mail and SNS.

2. Interaction with supporters and others concerned

  • Inquiries by phone call will be answered in a remote work environment. Please consider contacting us by email.
  • We will remain halting reception of physical donations.
  • Responses for letters and mails may be delayed.

Under such circumstances, our clients, refugees and people seeking asylum can be in more vulnerable and severe situations, so we will do our best to continue providing support while minimizing contact with people and preventing the spread of infection.
We appreciate your cooperation and understanding.


(2020年4月8日掲載)