本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > [緊急支援速報]関東在住の難民訪問支援-中間報告

[緊急支援速報]関東在住の難民訪問支援-中間報告

東日本大震災直後から難民支援協会(JAR)が行なってきた関東在住の難民訪問支援に関する中間報告です。

日ごろから不安を抱え、ギリギリの生活をしている難民。今回の震災は、被災地から離れていたとはいえ、そんな難民たちに大きなダメージを与えました。JARでは、難民のコミュニティや家庭訪問を通じて、経済的、精神的に追い詰められている難民へ、情報提供/物資支援/個別のカウンセリングを継続して行なってきました。

引き続き、訪問による支援活動を行っていきます。

[支援期間] 2011年3月22日-5月1日
[訪問回数]16回
[支援人数]のべ278人
[訪問先]埼玉県川口市、草加市、戸田市、越谷市/茨城県つくば市/千葉県松戸市、四街道市/東京都葛飾区、台東区、目黒区

[支援物資]278セット
内容(小麦粉1kg、オイル1本、パスタ1パック、板チョコ2枚、ツナ缶3つ、コーン缶1、マッシュルーム缶1、ミックスビーンズ缶1、トマト缶1、絆創膏1箱、マスク20枚、生理用品2パック、米3kg、おむつ、水)

[多言語による情報提供]
ビルマ語、トルコ語、アムハラ語、シンハラ語、タミル語、フランス語、英語、にほんご

*活動報告はこちら

(2011年5月16日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。