本文へジャンプ

トップページ > 難民を知る > 難民研究フォーラム

難民研究フォーラムについて

日本での難民専門の研究機関:難民研究フォーラム

「難民研究フォーラム」は、刻々と変化する難民を取り巻く環境に対応する、日本での難民専門の研究機関として設立されました。多角的な視点から国内外の難民の現状や難民政策に関する学際的な研究を行い、その成果を幅広く共有及び活用することによって難民に寄与することを目的としています。

なお、「難民研究フォーラム」は、真如苑からの資金助成を受け、難民支援協会が事務局を運営しています。

詳しくは、難民研究フォーラムウェブサイトをご覧下さい。

「難民研究ジャーナル」

難民研究フォーラムは、機関誌として、『難民研究ジャーナル』を発行しています。
創刊号の特集は「第三国定住」、第2号の特集は「難民『保護』を考える」、第3号の特集は「社会統合(Integration)」、第4号の特集は「無国籍」です。
これまで日本では、難民研究を専門とした研究誌の前例がなく、
個々の研究者が各々の研究の発展を共有する場が乏しい、という課題がありました。

そのような状況の中、難民研究フォーラムは
日本初の日本語での難民専門機関誌として、『難民研究ジャーナル』を創刊しました。

『難民研究ジャーナル』創刊号
特集:第三国定住
定価:2,000円(税抜) B5版、160ページ

『難民研究ジャーナル』第2号
特集:難民「保護」を考える
定価:1,800円(税抜) B5版、127ページ

『難民研究ジャーナル』第3号
特集:社会統合(Integration)
定価:2,000円(税抜) B5版、132ページ

『難民研究ジャーナル』第4号
特集:無国籍
定価:2,000円(税抜) B5版、180ページ

詳しくは、こちらをご覧下さい。
ご購入も可能です。