日本で生活するための情報 / Life in Japan Information

働く(はたらく) Work

I. 就労許可

外国人が日本で働くためには、就労が許可されている在留資格を持っていることが必要です。日本では、難民認定申請をしたからといって、在留資格が与えられるということはありません。在留資格を持たない方が難民認定申請をしても、申請期間中は在留資格や就労許可を得ることはできません。

※ ご自身の在留資格と就労の可否を理解するには、こちらの表(「福祉に関する手続き」)をご確認ください。

2. 資格外活動

資格外活動許可の申請をするには、申請用紙に必要事項を記入し、添付書類を用意して住居地を管轄する地方出入国在留管理官署の窓口に提出します。

短期滞在の在留資格があり、その期限が切れる前に難民認定申請をした方は「資格外活動許可」を出入国在留管理局に申請して許可を得られれば、収入を得ることが法的に認められます。ですが、難民認定申請(一次)手続きの結果が不認定となると、資格外活動許可を失うだけでなく、在留資格も失います。

資格外活動許可に関する情報は、法務省ウェブサイトの「資格外活動許可申請」に詳しく掲載されています。また、このウェブサイトでは資格外活動許可申請書をダウンロードすることもできます。

3. 就職口を探す

在留資格のある方もない方も、日本語をあまり上手に話すことができない人が仕事を探すのは、日本では難しいかもしれません。日本での仕事探しについての基本情報として、まず下記のリソースをご参照ください。

リソース

1. 日本での仕事探しマニュアル

「日本での仕事さがしマニュアル」は、JARが作成したマニュアルです。全体像を把握するために一度読んでみてください。

・日本語、英語

2. にほんではたらく − しごとでつかう にほんご

「にほんで はたらく −しごとでつかうにほんご−」は、JARが作成した資料です。就労の場面で必要となる日本語表現と日本の就労文化の理解促進を目的としています。

・日本語、やさしい日本語、英語

3. ハローワーク

日本政府運営の公共職業安定所です。就労資格のある方は、ハローワーク(公共職業安定所)を利用することができます。日本人も利用する、ハローワークでは、就職に当たっての様々さまざまな相談を無料で受けています。利用する際は登録が必要です。

・サイト:日本語

4. 新宿外国人雇用支援・指導センター

外国人を対象とした、就職に関する情報を提供している公共サービス機関に、新宿外国人雇用支援・指導センター(Shinjuku Hello Work)があります。

・サイト:日本語、英語

5. 日仏文化協会

日仏文化協会の、フランス語の求人・アルバイト情報等が随時提供されているホームページです。

・サイト:日本語、フランス語

最後に

上のリソースなどを利用しても仕事が見つからない、職場で問題があるなど就労に関して質問がある場合はJARに連絡してください。

働き始めたら、私たちにメールか電話で教えてくれたら嬉しいです。皆さんが問題なく元気に働いているか、どうやって仕事を見つけたのか教えてくださることで、私たちはより良い環境で働くことができるようにサポートができます。そして今仕事を探している人たちがよりスムーズに仕事を見つけることができます。