本文へジャンプ

トップページ > 支援する > ご支援いただいた企業・団体 > K.International School Tokyoにてユース向けワークショップを実施

ご支援いただいた企業・団体

K.International School Tokyoにてユース向けワークショップを実施

(Scroll Down for English)
11月8日(木)に、K.International School Tokyoにて、
5年生の児童に向けた英語での体験型ワークショップを行いました。

約50名の生徒が参加したこのワークショップでは、シュミレーションゲームを通して、「頭」だけではなく「こころ」を通して日本にいる難民について学びました。

参加した生徒からは、「(シュミレーションゲームを通して)難民となるということがどんなに大変で、怖いことかということがわかった」、「(自分もミヤンマー出身だが)自分の祖国からも難民が来ていることを知らなかった。ワークショップをした後、日本にいる難民を助けたいと思った」等の感想が寄せられました。参加した児童にとっては、心と頭を通して難民を知り、自分にできる次の一歩を考えるきっかけとなったようです。

JARでは、若い子どもたちが難民を知るきっかけをつくるために、講演や体験型セミナーの講師派遣をしています。
講師派遣にご興味のある学校・団体様は、こちらから

(English)
On November 18 (Thu), JAR staff presented an Interactive Workshop (English) for the 5th grade students at K.International School Tokyo.

About fifty students enjoyed simulation games which are specifically desgined for youth to learn about the refugees in Japan.

The students who attended this workshop commented:
"(Through simulation games) I got to expereince how hard and scarey it felt to become a refugee"
"(I'm a country called Burma but not a refugee) After learning that about 30% of refugees in Japan are from Burma, I felt I really want to help the refugees in Japan"

The workshop helped the students to exercise their mind and heart to understand the expereince of refugees in Japan and also to think about the practical step to put their knowledge into action.

JAR works with various schools and organization to help youth/adults to learn about the issues of refugees through our workshops.
If you are interested in learning more about our workshop, please visit here for more information.

(2012年11月8日掲載)

 印刷