本文へジャンプ

トップページ > 支援する > ご支援いただいた企業・団体 > サポーターの方と東京外国語大学ボランティアサークルPeekABooより、募金をいただきました

ご支援いただいた企業・団体

サポーターの方と東京外国語大学ボランティアサークルPeekABooより、募金をいただきました

2009年12月、難民支援協会(JAR)のサポーターの方と、東京外国語大学ボランティアサークルPeekABooの学生さん達が、東京都府中市にて街頭募金を行い、集まった募金をJARへ寄付してくださいました。

FuchuBokin09.jpgこの街頭募金は毎冬恒例の催しとなっており、JARの「冬の寄付キャンペーン」への貴重なご支援となっています。

この度、募金活動に参加してくださった、東京外国語大学の細渕真幸さんより、「 好天気にも恵まれて気持ち良く募金活動することが出来ました。もっと多くの人に関心を持ってもらえるようにこれからも頑張りたいです」とのコメントもいただきました。

こうした形でのご協力は、ご寄付としてだけでなく、細渕さんのコメントの通り、日本の難民問題に対する認知度をさらに上げる効果もあり、大変有難いご支援となっています。JARでは募金箱の貸し出しを行っておりますので、ご関心のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(2009年12月21日掲載)

 印刷