本文へジャンプ

トップページ > 寄付をする 関連ページ:・税控除のご案内 ・寄付についてのよくある質問 ・遺贈・相続財産寄付のご案内 ・お香典・ご祝儀からの寄付

あなたのワンアクションで救われる難民がいます

今すぐ寄付をする

難民の命と未来を支えてください

メディアで大きく取り上げられてきた、「シリア」や「ロヒンギャ」など人道危機。
報道されている以外にも、紛争や人権侵害は世界各地で起きており、故郷を追われた「難民」は世界中で6,850万人に上ります。
日本にも、難民が命の危険から逃れてきていることをご存知ですか?

人権を守るべく活動した、軍事政権に反対したなどを理由に迫害を受け、逃れてきた方が日本にもたどり着いています。
彼らは母国に強制送還されると、収監や拷問、そして命の危険にさらされる恐れがあります。

日本で難民申請をした結果、日本政府に難民として認定されれば、在留を許可され、日本で安心して暮らしていくことができます。

しかし、審査にかかる期間は平均3年。
その間、何とか日本で生き抜いていくことが求められます。

私たち難民支援協会(JAR)は、日本に逃れてきた難民へ総合的な支援を提供する日本で唯一の団体です。

東京都千代田区にある事務所には、難民の方々が1日約20人、相談に訪れています。

・日本に知り合いはおらず、頼れる先がない・・
・母国から持ってきたお金も底を尽きてしまった・・
・働くことは認められていない・・

そんな苦しさのなか、路上生活を余儀なくされる方も、少なくありません。

「たどり着けば、安全と思っていた」
「母国に残してきた妻や子どもは、元気だろうか?」

家族を思い、強制送還の危険に怯えながら、孤独と先の見えない不安に苛まれています。

昨年呼びかけたご支援で、実現できたこと
▶︎「難民が安心できる空間」をつくりました!

JARには年間約700人が相談に訪れます。しかし、旧事務所は支援を求めてくる人の数、活動の幅広さに対してあまり狭く、限界に達していました。

そこで、「難民が安心できる空間」をコンセプトに、広さと必要な機能を兼ね備えた施設を、1年かけて作ることができました。

…音がもれない環境で相談できる
…来日直後の過酷なサバイバルに耐えている人が安らげる物理的スペース
…きちんと食事ができる場所  など

移転の資金は384名もの方からのご寄付で、設計は一級建築士の方によるボランティアで、民間の力で作り上げました!

この夏、お願いしたいこと
▶︎より多くの難民を新しい空間で支えるため力を貸してください

事務所を移転し、支援の環境を劇的に改善することができました。一方で、難民認定制度は今年1月からさらに厳しく見直され日本に逃れてきた難民を取り巻く環境は、ますます厳しいものとなっています。

例えば、働くことが認められない期間が長期化し、公的支援も受けられず、民間の支援がなければ生きていけない人たちが増えています。

JARでは、難民が安心して過ごすために欠かせない法的支援・生活支援のカウンセリング、食事の提供、関係機関への紹介、就労支援などのサービスを提供していきます。

JARの活動は民間からの支援があってはじめて可能になっています。一般寄付のうち7割は個人の方からのご寄付です。いただいたご寄付は支援の現場で大切に使わせていただきます。

日本に逃れてきた難民を支えることは、日本社会に暮らす私たちだけができる支援です。
民間の手でできることをあきらめず、継続していくため、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

今すぐ寄付をする

難民の声

毎日が楽しく、将来も楽しみだと思えるようになりました

「JARと弁護士の支援を受けて、3年越しで難民認定を得ました。難民認定されて変わったことは、強制送還の心配なく安心して暮らせることと、仕事ができることです。難民申請中は強制送還に怯えて暮らす日々で、ストレスから耳が聞こえなくなった時期もありました。いまは何も怖くない。毎日が楽しく、将来も楽しみだと思えるようになって、本当に幸せです。日本からエチオピアの平和のために活動したいと思っています」
(エチオピア出身・女性)

難民の声

JARがなければ、私は今日まで生き延びられませんでした

「私にとってJARがすべてのよりどころでした。状況を話せる相手がおらず、宿泊場所がなく公園のベンチで過ごし、体の痛みに悩まされていたときに、助けてくれたことに感謝したいです。JARは私にとって階段のステップのような存在。先は見えず、自分で動かなければ進まないけれど、方向性を示してくれ、一段上がるときにいつも力になってくれます。JARの支援者には心からお礼を伝えたいです。私たちの姿は見えないかもしれないけれど、皆さんが送ってくださる支援金や食べ物は、本当に必要としている人に届いていて、多くの人の厳しい生活を変えています。JARがなければ、私は今日まで生き延びられませんでした。」
(東アフリカ出身・30代男性)

現場スタッフの声

一人ひとりの経験や思いを日本社会の多くの方々に伝え、
共感を募っていきたい

日本語習得を含む「就労前準備プログラム」の実施や、企業へ​の就労支援を通じて難民の方々の自立​​​を支援しています。来日直後は、支援がなければ生きていくこともままなりません。しかし、そのような状況にある人も、緊急支援と就労支援を受け​、仕事が決まり「社会の役に立てるのが嬉しい」とJ​ARを​卒業していきます。大変ななかでも常に感謝の気持ちを忘れずに周りを気にかける方や、日本社会に溶け込みたい一心で、必死で日本語と格闘する方と日々接するなかで、私自身学ぶことがたくさんあります。J​ARの支援を通じて、日本で一歩を踏み出す後押しするとともに、一人ひとりの経験や思いを日本社会の多くの方々に伝え、共感を募っていきたいです。
(就労支援担当 寺畑文絵)

支援者の声

同じ日本に住む者同士、共生する方法を考えたい

「社会に出て数年経った頃から、社会における自身の役割を意識することが多くなる一方、具体的な行動になかなか繋げられずにいましたが、SNSでJARの活動と日本にも難民がいる事実を知り、「同じ日本に住む者同士、共生する方法を考えたい」と強く感じて支援を始めました。難民の問題は日本と無関係だと思われることもありますが、アイデンティティ、貧困と孤独、マイノリティ差別、これらに対するコミュニティの役割など、共通する問題も少なくありません。難しい時もありますが、他人と問題意識を共有する余裕を持っていたいです。」
(難民スペシャルサポーター 光武えま)

今すぐ寄付をする

あなたのワンアクションが、難民の命と未来を支えます。

皆さまの継続的なご支援が、難民への心強い支えとなります。

ご寄付をくださった方には、ニュースレターなどを通じて、現場報告や支援の成果をお伝えします。

寄付内容の入力

ご寄付方法
ご寄付をくださった方には、ニュースレター等を通じた難民支援の現場報告や支援の成果、イベントやボランティアへの参加情報、難民からのメッセージなどをお届けします。
難民スペシャルサポーターの方には、ニュースレター(年2回)・年次報告書(年1回)を通じて、現場報告や支援の成果をお伝えします。
ご希望の金額
お支払い方法

クレジットカード番号

半角数字

カード有効期限

月    / 年  カード表面に記載されている数字をそのまま入力ください。

セキュリティコード

セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面にある3桁の番号です(Amexは表面の4桁)

カード名義人

名  姓  半角入力

銀行・ゆうちょ銀行でのお支払いをご希望される方は、入会申込書からのご登録になります。まずは入会申込書を送付いたしますので、ご連絡先情報欄に送付先ご住所を入力してください。

なお、入会申込書はご自身で印刷していただくことも可能です。以下よりダウンロードしたPDFファイルを印刷(横長方向)し、記載の方法に従い、申込書を作成・ご郵送ください。

入会申込書(PDF)

※入会申込書をご自身で印刷される場合は以下のご連絡先情報の入力は不要です

送付先

銀行

みずほ銀行 飯田橋支店 普通口座 8043319
「特定非営利活動法人 難民支援協会」
(トクテイヒエイリカツドウホウジン ナンミンシエンキヨウカイ)

ゆうちょ銀行

店名(店番):〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
種目:当座
口座番号:0132625

寄付金額・ご入金日

お振込の場合には別途、寄付金額および入金日をご連絡ください。銀行振込の特性上、ご入金の使途をそのままでは確認できませんので、お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

寄付金額

ご入金日

月 

※ 以下の「ご連絡先情報」もご記入ください。

振込先

郵便振替口座: 00100-0-132625
加入者名: 「難民支援協会」

通信欄には「寄付」とご記載ください。
また、ご氏名・ご連絡先(ご住所、お電話番号、メールアドレスなど)もご記載ください。

送付先

〒101-0065
東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4F
難民支援協会 寄付係宛

かざして募金

ソフトバンクユーザーの方は、携帯電話料金と一緒に頂ける「かざして募金」もご利用いただけます。 (クレジットカード番号の入力が不要になります。)

クレジット決済に関する注意事項

10万円を超える金額での寄付をご希望の場合、お手数ですがPayPal(上限100万円)もしくは銀行振込をご利用ください。

※ ご寄付は寄付金控除の対象となります。領収証は1年分をまとめて、翌年1月末頃にお届けいたします。

※ ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、難民支援協会が決済代行会社を通して寄付金を受領した日(通常、ご利用日の1~2ヶ月後)となります。

※ お引落日について|通常のカード利用と同様に、ご利用クレジットカード会社各社のお引落とし日となります。

※ お支払い回数|毎月1回一括払いとなります。なお、難民スペシャルサポーターは1ヶ月1,500円以上でお願いしております。

※ お支払い回数|一括払いとなります。ボーナス払い、2回払い、分割払い、リボルビング払いはご利用できません。なお、一般寄付は1,000円以上でお願いしております。

※ クレジットカード決済には、Cloud Payment社のシステムを利用しております。当協会では、ジオトラストSSLサーバ証明書を採用しており、入力情報は安全な形で送信されます。

PayPalでの決済に関する注意事項

100万円を超える金額での寄付をご希望の場合、お手数ですが銀行振込をご利用ください。

※ ご寄付は寄付金控除の対象となります。領収証は1年分をまとめて、翌年1月末頃にお届けいたします。

※ ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、PayPalご利用の場合は、決済をされた日となります。

※ お引落日について|通常のカード利用と同様に、ご利用クレジットカード会社各社のお引落とし日となります。

※ お支払い回数|毎月1回一括払いとなります。なお、難民スペシャルサポーターは1ヶ月1,500円以上でお願いしております。

※ お支払い回数|一括払いとなります。ボーナス払い、2回払い、分割払い、リボルビング払いはご利用できません。なお、一般寄付は1,000円以上でお願いしております。

※ クレジットカード決済には、PayPal社のシステムを利用しております。当協会では、ジオトラストSSLサーバ証明書を採用しており、入力情報は安全な形で送信されます。

ご連絡先情報※必須項目

個人/法人

  

法人名

お名前

※ 法人でのご寄付の場合、ご担当者様のお名前をご記入ください。

ふりがな

せいめい

電話番号

半角数字 例)01-2345-6789

メールアドレス

半角英数字

住所

郵便番号

都道府県

市区町村

町名・番地

建物名、
アパート名

メッセージ

当協会「個人情報保護方針」に同意いただける場合は、 「同意する」にチェックを付け「入力内容の確認」ボタンを押してお進みください。

確認画面

※上記フォームがご利用になれない場合には、こちらのフォームをご利用ください。

難民支援協会(JAR)は「認定NPO法人」のため、難民支援協会に対するご寄付は「寄付金控除(税額控除)」の対象となり、確定申告を行うことで寄付金額の最大50%が税金から控除されます。 詳しくはこちら

※確定申告の際、毎年1月下旬にお送りする「寄付領収書」が必要となります。
※クレジットカードでのご寄付は、クレジットカード決済代行会社から、難民支援協会へ入金された日(=入金日)となります。ご寄付を決済した日付の約1〜2ヶ月後が難民支援協会への入金日(=領収日)となります。
※すでに難民スペシャルサポーターとしてご登録いただいている方の金額変更については、お手数ですがこちらから、もしくはお電話(03-5379-6001)でのご連絡をお願いいたします。

内容の確認

入力内容をご確認のうえ、問題がなければ「この内容で寄付する」ボタンを押してください。
内容に謝りがある場合は「戻る」ボタンを押して入力内容を変更してください。

遺贈・相続財産寄付のご案内   ご寄付は税控除の対象となります   寄付についてのよくある質問