本文へジャンプ

トップページ > 支援する > ボランティア・インターン募集 > [インターン]翻訳コーディネート担当

ボランティア・インターン募集

インターン
翻訳コーディネート担当

2016年3月25日

難民支援協会(JAR)では、日本語⇔英語の翻訳のコーディネートを担当するインターンを募集します。JARでは難民申請手続きのための書類や、広報資料など日々さまざまな翻訳業務を、個人のボランティア/企業のボランティアチームの協力を得て進めています。それらの取りまとめを担っていただくのが本インターンです。翻訳依頼を通じて、支援の現場を多様な側面から学べます。ご応募お待ちしています。

募集人数

1名

応募締切

適任者が決まり次第締め切り

業務内容

  • 翻訳依頼者(JARスタッフや弁護士)とのやり取り
  • 翻訳ボランティアへの依頼(担当ページ数、締切等の相談)
  • 各翻訳の進捗管理
  • 翻訳された文書の確認、体裁の調整
  • 用語リストの更新
  • その他(英語ウェブサイトの更新など)
*翻訳依頼が少ないときには、広報業務全般も幅広く担っていただきます。

応募資格

  • 難民支援協会の理念と活動に賛同できること。
  • 前向き、積極的に取り組めること。
  • TOEIC860/TOEFLCBT230以上又はそれと同等の英語力を持ち、英文の読解に全く支障がないこと(インターン自身が翻訳する機会は少ないですが、翻訳された文書のクオリティチェックをするにあたり、英語力を求めます。また、ボランティアの方で日本語ができない方もいる為、やり取りが英語になることもあります)。
  • 最低3ヶ月以上、平日週1回以上事務所で活動でき、出勤日以外に1日以上在宅で対応できること。長期間、活動できる方を優先します。
  • 基本的なパソコンスキル(word,excel)を有すること。
  • 翻訳経験のある方を優先します。

活動期間・時間

最低3ヶ月以上、平日週1回以上、10:30-18:00(応相談) に事務所で活動。出勤日以外に1日以上在宅で対応。長期間、活動できる方を優先します。

待遇

無給 ・交通費支給(上限あり)

応募方法

下記の申込フォームからご応募ください。なお、「希望内容」欄の「[インターン]翻訳コーディネート担当」をお選びください。応募が多数の場合は面接をすることがあります。

お問い合わせ

E-mail: info@refugee.or.jp Tel:03-5379-6001 (担当:広報部 野津)

インターンの声:林 朝子さん

青年海外協力隊として活動したニカラグアで、戦時中に難民としてアメリカへ渡ろうとした人の話を聞いたり、国連で働いている難民キャンプ出身の友人の存在など、元々難民が身近にいたことに加え、現在のヨーロッパにおける難民問題をより詳しく理解したく、インターンに応募しました。

人に活動を伝える広報や、翻訳のコーディネートは、自分自身が日本語で難民問題やJARの事業を、きちんと理解をしていないといけません。本インターンを通して、NPOとしての事業や、各部署の支援の内容、難民の方が抱える問題などについて、バランスよく、包括的な理解が進んだと思います。

また、翻訳のコーディネートでは外国出身の方の社会活動や寄付に対する姿勢の違いなども見られ、興味深かったです。事務所自体が支援の現場でもあるため、現場にいながら、外に向けて活動することでたくさんのことを学べました。

インターン応募フォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷