本文へジャンプ

日本にいる難民の話

case2 アフリカ出身・女性

今の私には、安全はありますが、安心はありません。

祖国からとるものもとりあえず
ビザを最初に出してくれた日本へやってきました。
知り合いもいないし、日本語も話せないので、
うまく自分の問題を説明することができません。

日本に到着してしばらくはゲストハウスに泊まっていましたが、
所持金もなくなり、公園のベンチで寝たりもしました。
ベンチの下でみつからないように、体を休めていました。

きちんとした生活をしていないからなのか、
母国での経験のストレスからなのか、体調が全くすぐれません。
一日に一食も食べないときもありますが、
それよりももっと大きな問題が私にはあります。
自分は今、ここにこうしていられますが、
故郷にいる自分の子どもや夫のことを思うと、夜も眠れません。

自分のせいですべてが起こっている気がするし、
自殺したくもなります。
いつ、どうやって、どこで家族に会えるのか?
すべてがわかりません。
たしかに、日本は安全ではありますが、
私に安心はありません。