本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 政策提言  > 人道支援の最低基準=スフィア・ハンドブック日本語版発行

活動レポート : 政策提言

人道支援の最低基準=スフィア・ハンドブック日本語版発行

人道支援の現場において、どのような状態が満たされているべきか-
そのような問いに対して人道NGOが策定した基準が、スフィア・スタンダードです。

1998年に策定されたスフィア・ハンドブックは、3度目の大幅な改訂を経て、2011年に英語版が発表されました。この新版では、これまで以上に被災者の安全とプロテクション(権利保護)について着目されています。そして、昨年発生した東日本大震災の支援においても、このような基準が理解されていることが重要です。

このような背景から、難民支援協会(JAR)では外務省NGO研究会の事業として、スフィア・ハンドブックの日本語版を作成しました。ウェブサイトでもダウンロード可能としていますので、幅広く、人道支援関係者の間でこのハンドブックが用いられることを希望しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
*スフィア・ハンドブック日本語版・英語版のダウンロードができます。

(2012年4月9日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。