本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 政策提言  > 日本での難民認定手続等の改善に向けた法務省入管、なんみんフォーラム、日弁連の覚書締結にあたって

活動レポート : 政策提言

日本での難民認定手続等の改善に向けた法務省入管、なんみんフォーラム、日弁連の覚書締結にあたって

memo.jpg法務省入国管理局、なんみんフォーラム(FRJ)、日本弁護士連合会は、入国管理局が所掌する難民認定手続等に関する改善実現に向け、
協議・協力することに合意し、2012年2月10日、三者間で覚書を締結しました。


覚書締結 弁護士会館(東京)


三者は、以下の点における協力を進めます。

1 難民認定手続を始め法務省入国管理局が所掌する難民行政全般に関する改善点を探る協議
2 難民認定手続中等の者に対する難民支援団体による住居の提供等に関する情報交換等
3 その他三者の今後の協議により定める事項


設立以来、日本における難民支援に一貫して取り組んできた難民支援協会は、このような改善への実施に向けた具体的な動きを、大変画期的なものと考えています。

また、この意義を具体的な成果として結びつけるべく、FRJの一メンバーとして、官民協働によるよりよい難民保護の実現に寄与してまいります。


*覚書の詳細はこちらから。
memorandumMOJ_FRJ_JFBA_20120210.pdf 
*なんみんフォーラムについてはこちら 

*JARのこれまでの政策提言についてはこちら 


今後の進展については、本ホームページ等を通じて随時ご報告する予定です。


(2012年2月10日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。