本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 政策提言  > 2008年12月12日ー11日の申し入れについて外務省のプレスリリースに掲載されています

活動レポート : 政策提言

2008年12月12日ー11日の申し入れについて外務省のプレスリリースに掲載されています

2008年12月12日

11日付けの外務省プレスリリースにて「難民支援団体による西村康稔外務大臣政務官への申し入れ」として、同日16時30分から約30分間、当協会のほか難民支援4団体で行った難民認定申請者への支援の確保に関する申し入れの概要が発表されています。

1. 難民支援協会事務局長石川えりより、「難民申請者の生活保障のための措置を求める申入書」を西村外務大臣政務官に渡し、保護費にかかる予算の確保につき要請を行った。

2. 西村政務官より、今年度は、難民申請者の急増に伴い保護費の受給を申請する者も予想を大きく上回るスピードで激増し、難民等救援業務委託費が極めて逼迫したため、対応策を検討する過程で一時的に保護費の支給が滞ったことはあるが、人道的支援の観点から、生活支援を継続することが重要であると考え、政府内において本件予算手当の調整を真剣に行っている旨説明された。

3. 西村政務官より、政府としては、難民申請者に対する支援は国際的にも道義的な責任があると認識し、誠実に取り組んでいく所存であるが、同時に市民社会の皆様からも、就労許可を有している方への就労機会の提供、各種ボランティア活動による協力等により、引き続き難民申請者への支援をお願いしたい旨協力依頼を行ったところ、難民支援団体側よりも最大限の協力を行う旨の発言があった。

とされています。
全文はこちらからご覧いただけます。

また、西村政務官の11日のブログでも紹介されています。全文はこちらから。

(2008年12月12日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。