[緊急支援速報]岩手県花巻市を拠点に活動を立ち上げています

JARは、4月1日から、岩手県花巻市に拠点を設け、陸前高田市、気仙沼市を中心に支援活動を順次立ち上げています。

3月19-21日の初動調査を受け、

1 法的相談事業(法律セミナー、個別相談など)
2 女性の保護事業(ワークショップ、健康相談など)

を主たる目的として、現在は、スタッフ2名ほどが入れ替わりで現地に常時滞在し、連携する弁護士、助産師と共に活動しています。

先週1週間で、関係団体(花巻市、陸前高田市の市役所・災害ボランティアセンター/社会福祉協議会、地元の弁護士事務所、女性支援団体等)を訪問し、細かいニーズの聞き取りと、今後の法律相談の開催場所や日程調整行いました。失業に伴う保障のこと、相続のことなど、法的な課題に対応して、同行する弁護士による直接の法律相談を重ねると同時に、多くの弁護士が支援に乗り出す中、コーディネート役としても活動する予定です。

壊滅的被害にあった気仙沼市では、フィリピン人女性約20名とそのご家族に対して、カウンセリングと物資提供を行いました。多くが日本人の配偶者で、子どももいるため、震災後、母国に帰ることができずにいます。今後も、助産師との連携を中心に、母子や妊婦など保護のニーズが高い被災者を対象に支援を継続していきます。

*本事業は、ジャパン・プラットフォーム(JPF)からの資金提供を受けています。