本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 寄付・募金  > 冬の寄付キャンペーンのご報告

活動レポート : 寄付・募金

冬の寄付キャンペーンのご報告

2010年3月


webbanner.jpgのサムネール画像2009年12月から2010年2月まで、冬の寄付キャンペーン「あなたが照らす光で救われるひとがいます」を実施しました。昨年のキャンペーンと比べ、より多くの個人、企業、団体などの方々から、、223件、合計371万円のご寄付をいただきました。また、ポストカードと切手のセットの購入を通してご協力くださった方も多くいらっしゃいました。依然続く厳しい経済状況のなかの皆様からの温かいご支援に、心より感謝を申し上げます。

難民申請者への公的支援が限られているなか、働くこともできず、住むところもなく、その日食べるものにも困るなど、相談に訪れる難民の状況は引き続き厳しいままとなっています。また、難民からの(JAR)相談電話代(コレクトコール代など)は、2月の時点で前年と比べ3倍にものぼるなど、難民支援協会へのニーズは高まっています。

皆様よりいただきましたご寄付は、こうした厳しい状況に置かれている難民への直接支援金のほか、通訳費、交通費、コレクトコール代など難民を支えるための活動資金全般に活用させていただきます。 例えば、1万円あれば、健康保険に入ることのできない難民の1回の通院費を払うことができますし、住む所のない難民へは、寝泊りする場所を1週間ほど提供することができます。

キャンペーンは終了いたしましたが、支援を必要とする難民からの相談は後を絶えません。不定期のご寄付とともに、1日50円からのご寄付で継続的に難民を支援することのできる難民スペシャルサポーターも常に募集しております。また、Lights for Rightsキャンペーンを周りの方へ広めていただくことも、難民の明日へ希望を届ける助けとなります。今後とも引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

(2010年3月3日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷