2009年12月17日・24日-四ツ谷にて街頭募金を行いました

12月17日のお昼頃、難民支援協会(JAR)事務所のある四ツ谷にて、「冬の寄付キャンペーン」の一環として街頭募金を行い、1時間半弱の募金活動ではありましたが、12,131円の募金を集めることができました。

引き続き24日の夜にも街頭募金を行い、多くの方のご協力のおかげで、1時間半で43,296円のご寄付が集まりました。また、ちらしを受け取ってくださった方も多く、寄付キャンペーンについてより広める機会にもなりました。

この場をお借りして、ご協力くださった皆さまに御礼を申し上げます。

集まった募金は、難民がこの冬を少しでもあたたかく、安心して過ごせるよう、生活費、交通費、通訳費などに大切に使わせていただきます。例えば、1万円で、健康保険に入ることのできない難民の、1回の通院費を支払うことができます。冬の寄付キャンペーンについてはこちらをご覧ください。

今後も継続して街頭募金を行い、寄付集めだけでなく、日本にいる難民についての認知度がより高まるよう努力してまいります。

なお、募金箱の貸し出しも行っております。詳細はこちらのページの下部をご覧ください。