本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 声明  > 今回の全員の仮放免を歓迎します。 そして、一層のご関心とご支援をお願いします。

活動レポート : 声明

今回の全員の仮放免を歓迎します。 そして、一層のご関心とご支援をお願いします。

関連文書:

アフガニスタン人難民申請者の収容に対する声明の発表について」(2001年10月9日)
みなさま、ありがとうございました。」(2001年11月9日)
11月27日付けアフガニスタン難民申請者の退去強制令書発付に関する難民支援協会の声明」(2001年11月27日)

2002年4月26日


本日、3名のアフガニスタン難民申請者が東日本入国管理センター(茨城県牛久市)より仮放免されました。このことにより、当協会が把握している限り、全員のアフガニスタン難民申請者が仮放免されたこととなりました。

10月3日、アフガニスタン難民申請者9名の収容に難民支援協会はそれを懸念する立場より声明を発表しました。その後アフガニスタン難民申請者が放免された際は、他の支援団体と連携し、生活上の支援・援助を行って参りました。難民支援協会としては今回の全員の仮放免は非常に喜ばしいことだと受け止めています。

しかし、仮放免後の今後の生活については多くの困難が待ち受けている状況です。現在では所持金を全く持たず、困窮している難民申請者であっても政府からの結果を待つ間もしくは裁判中、基本的には公的扶助を得ることが非常に限られた中で自立して生活を送っていかなくてはなりません。

また、政府の審査および裁判で自身の結果を待っている間の日本での最低限の生活が守られるようにするためには、なお多くの、かつ長期にわたる支援が必要になります。みなさまの一層のご理解とご支援をどうぞお願いいたします。

(以上)

(2002年4月26日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷