本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > その他  > 2020年の確定申告での寄付金控除を考えている方へ:クレジットカードでのご寄付はぜひ、11月中にお手続きください。

活動レポート

2020年の確定申告での寄付金控除を考えている方へ:
クレジットカードでのご寄付はぜひ、11月中にお手続きください。

2020年の確定申告で、寄付金控除を考えている方へお知らせです。
寄付の決済手段によって、2019年内の寄付となる期限が異なります。
12月にご寄付の手続きをされた場合、2020年の確定申告の対象とならない可能性がありますので、ご注意ください。

① クレジットカードでのご寄付の場合

クレジットカードでのご寄付は、決済代行会社を挟みますので、難民支援協会(JAR)に着金する(実際にJARの銀行口座に振り込まれる)まで時間がかかります。

2019年内に着金するには、クレジットカードでのご寄付の場合、11月30日までにお手続きいただくことが必要です。
※ ただしPayPalをご利用の場合には、12月末まで2019年内の寄付として扱います。

② 銀行振り込み、および郵便振替でのご寄付の場合

銀行振り込みの場合、振り込みから入金まで、すぐに処理されます。
そのため、年末のご寄付も、2019年内の寄付となります。

※ ただし、夜間や土日祝など、銀行の営業時間外の場合には、JARに着金するのが次の営業日になり、寄付日が変わることがあります。年末の各銀行の営業時間には、ご注意ください。

trans_schedule@2x.png

確定申告に必要な領収証は、2020年1月末に当会からお送りしますが、そこには2019年内に着金した寄付金のみが掲載されています。

クレジットカードでのご寄付は、12月のお手続きいただいた場合には2020年の受領となり、2021年の確定申告の対象となります。
銀行振込郵便振替は、12月でも年内の受領となります。

そこで、2020年の確定申告での寄付金控除をご希望の場合、クレジットカードでは、是非11月中にご寄付をお願いします。
(12月にご寄付をされる場合は、銀行振り込み、郵便振替でのご寄付をお願いします。)

今すぐ寄付する


* * *

なお口座振替、その他外部経由のご寄付の場合、お手続きをされてから当協会に着金するまで、最大約3か月の差があります。そのため2019年10月以降に口座振替、その他外部経由でお手続きされたご寄付については、2020年1月以降に着金し、翌年の領収証に含むことがあります

難民支援協会には、1日30人、多い日には40人もの方が、支援を求めて来訪されています。迫害を逃れて日本にたどり着いた方々が、少しでも安心をできるよう、支援を続けています。この活動は、多くの皆様からのご寄付で続けることができています。
どうか、みなさまからのお力添えをお願いいたします。

(2019年11月14日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。