本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > 冬の寄付のご報告

活動レポート

冬の寄付のご報告


▲写真:年間通じて暖かい国から来た方にとって、初めての日本の冬は体にこたえ、5枚着込んでも寒いという方もいます。物資室には支援物資の衣類や防寒具を保管し、選んでいただけるようにしています。
 

この冬も、皆さまからのご⽀援により、逃れてきた⽇本で頼れる家族や友⼈もなく、⾔葉もわからず、時にはホームレスに陥ってしまう難⺠に対し、法的⽀援・⽣活⽀援のカウンセリングをはじめ、⾷事の提供、関係機関への紹介など、冬を無事に乗り越えるための⽀援を提供することができました。⼼より感謝申し上げます。

冬のご⽀援の呼びかけには、たいへん多くの⽅からご協⼒いただき、2018 年11 ⽉末から2019年2 ⽉までの3 か⽉間で、のべ895 名の個⼈・団体の⽅から、1,600 万円以上のご寄付を頂戴しました。古本でのご寄付なども合わせると総額1,700 万円以上となります。皆さまからのあたたかい応援を⽀えに、スタッフ⼀同、活動に⼀層取り組んでまいります。
今後もあたたかいご⽀援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付をいただいた皆さまには、具体的な支援事例を別途お届けしております。

この冬の支援実績(期間:2018年12月1日~2019年2月28日)

・事務所や収容所等での相談件数 716 件
・電話での相談件数 437 件
・シェルター提供⼈数 35 ⼈

この冬いただいたご支援(2018年11月26日*~2019年2月28日)

・ご寄付の総額:16,497,900 円(895 件)
・古本でのご寄付(バリューブックス):999,036 円(439 件)
・古物買取でのご寄付(お宝エイド):26,377 円(15 件)
 *冬の寄付の案内開始

総額1,700 万円以上のご支援をいただきました。誠にありがとうございました。

当会の活動は、皆さまからのご支援により、継続することができます。
今後もあたたかいご関心・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


(2019年3月29日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。