本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 支援の輪  > ローソンで難民の故郷の味を販売開始!

活動レポート

ローソンで難民の故郷の味を販売開始!

難民支援協会(JAR)が日本に暮らす難民と制作したレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」から生まれたプロジェクト「Meal for Refugees(M4R)」では、全国の学生が主体となって難民の故郷の味を学食に展開しています。これまで、全国の35大学以上で導入されました。
この度、南山大学(愛知県)のM4Rとローソンのコラボレーションが実現し、中部地方限定で商品化されました。ネパールのポークカレーと、ミャンマー(ビルマ)のチキンカレーの2種類を一度に楽しめる商品です。収益の一部がJARへの寄付になります。お近くの方はぜひ召し上がってみてください。

商品情報

  • 商品名:2種のあいがけカレー(ポークトマトカレー&イエローチキンカレー)
  • 期間:2018年10月23日から約1ヶ月間
  • 場所:中部地方のローソン(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、福井県、石川県、富山県)
  • 価格:530円(税込)収益の一部がJARに寄付されます。

M4R 開催予定

また、この秋には以下の3大学でM4Rの導入が決定しています。お近くの方はぜひ、学食を訪れてみてはいかがでしょうか(※学生以外、立ち入れない学校もありますので、事前にご確認ください)。

  • 南山大学 11/2-11/4(大学祭)
  • 関西学院大学上ヶ原キャンパス 11/19-11/22
  • 白百合女子大学 11/26-11/30

(2018年10月26日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。