本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > 夏の寄付のご報告

活動レポート

夏の寄付のご報告

▲写真:相談室でのカウンセリングの様子。

 この夏も、たいへん多くの方からご協力をいただき、2018年6月から8月までの3か月間で、のべ311の個人・団体の方から、590万円以上のご寄付、古本寄付なども合わせると総額680万円以上のご支援を集めることができました。心より感謝申し上げます。

 皆さまからのご寄付により、逃れてきた日本で頼れる家族や友人もなく、言葉もわからず、時にはホームレスに陥ってしまう難民に対し、法的支援・生活支援のカウンセリングをはじめ、食事の提供、関係機関への紹介、就労支援などのサービスを提供することができました。

 この夏は、5月に移転した新しい事務所での支援活動が本格的に始まり、例年にない猛暑の中、事務所には平均して一日15人ほどの方が訪れ、支援を受けました。
 空調もあり安心して過ごせる空間で、困難な状況にあっても、束の間リラックスした様子を見せる方々。台風の被害も大きなものは聞かれず、厳しい夏を越えることができました。
一方、7月には、西日本豪雨の被害を受けた広島県に在住する難民のため、現地での支援を行いました。

 ※ご寄付をいただいた皆さまには、具体的な支援事例を別途お届けしております。

この夏の支援実績(期間:2018年6月1日~2018年8月31日)

・事務所や収容所等での相談件数 784件
・電話での相談件数 586件
・シェルター提供人数 25人

同期間にいただいたご寄付

・ご寄付をいただいた方の数:のべ311件
・ご寄付の総額: 5,998,120 円
・古本でのご寄付(バリューブックス): 540,548 円(272件)
・古物買取でのご寄付(お宝エイド): 323,287 円(27件)
 ※件数はいずれも個人団体を含む。

 総額 680万円以上のご支援をいただきました。誠にありがとうございました。

当会の活動は、皆さまからのご支援により、継続することができます。
今後もあたたかいご関心・ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

(2018年10月5日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。