[特集]日本で働くということ-難民申請者の就労事情

難民申請中の公的支援が十分にない中で、難民は来日間もない時期から、生きるために働く必要に迫られます。同時に、多くの人は支援に頼ることなく一日でも早い自立を望んでいます。在留資格が有効なうちに難民申請をした場合、半年後から就労許可を得て、難民申請の結果が出るまでの間、働くことができますが(※)、就労許可があっても、仕事探しは簡単ではありません。また、最近では、就労資格のみを目的に難民申請をする人が一部いることから、働く難民申請者を「偽装難民」と報じ、誤解や偏見が深まっていることも問題です。

本特集では、難民の就労という切り口から、難民が日本で直面するハードルや、日本のホスト社会としての課題を考えます。

※難民申請の結果が不認定となり、再申請をした場合は、難民申請中でも就労許可が更新されないことが最近の運用では増えています。