本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > 『海を渡った故郷の味』 ★5周年プレ特集★

活動レポート

『海を渡った故郷の味』 ★5周年プレ特集★

hp_recipi.png


「食」を通じて日本に暮らす難民について知ってみませんか?

難民支援協会(JAR)は、学生による食を通じた難民支援プロジェクトMeal for Refugees(M4R)とコラボし、レシピ本『海を渡った故郷の味-Flavuors Without Borders』発売5周年プレキャンペーンを開催します。
jar_recipi3.jpg
今回のキャンペーンでは、発売5周年を迎える一足前に、難民の故郷の味が収録されたレシピ本の魅力や制作ストーリーをご紹介します。また同期間にJARのFacebookページにて、1ケ月にわたりレシピの紹介をしていきます。お楽しみに!

◆キャンペーン期間:11/13(月)~12/17(日)

キャンペーン中は、学生によるプロジェクトMeal for Refugees(M4R)の導入大学にてレシピ本メニューをお召し上がりいただけます。M4Rは一食につき20円をJARに寄付し、食べることをを通じて難民を知る活動で、これまでに20大学以上で実施されてきました。実際にレシピ本のメニューを作ったり、M4Rメニューを召し上がった際には、SNSにて「#難民に教わった世界のレシピ」というハッシュタグをつけてぜひ発信してください。
*レシピ本はこちらからご購入いただけます。


≪目次≫

#1 学生によるプロジェクトM4R(11/16)
#2 ランチにおすすめ!きな粉入りビルマ風サラダうどん(11/20)

#1 学生によるプロジェクトM4R(11/16)

学生によるプロジェクト Meal for Refugees(M4R)が今季も13大学で実施されています。M4Rは レシピ本『海を渡った故郷の味』のメニューを学生食堂に導入し、1食20円をJARに寄付する取り組みです。広報部インターンの酒師も、M4Rに取り組む1人で、こう話しています。「学生が主体となって、難民問題について"食"を通じて発信するM4Rに魅力を感じて活動を始めました。どんな学生にも気軽に難民について知ってもらうことができるし、何よりもM4Rを通じて難民問題に関心のある他大学の学生と繋がりができてうれしい。この間は北海道の学生とも知り合えました!」
m4r1.jpg
M4Rは2013年にプロジェクトがスタートしてからもうすぐ5周年!これまでに20大学・高校で導入されました。M4Rメニューは大人気で今季で4万食を突破する勢いです。導入大学によっては、学生でなくても利用できますので、ぜひ足を運んでみてください。


#2 ランチにおすすめ!きな粉入りビルマ風サラダうどん(11/20)


レシピ本メニュー紹介第1弾は、ビルマ(ミャンマー)出身の難民の方に教わった「きな粉入りビルマ風サラダうどん」です。このレシピは高田馬場でレストラン「ルビー」を経営する難民の方から教わりました。うどんにきな粉が程よく絡んでやみつきになる美味しさです。jar_recipi5.jpg
実はビルマではひよこ豆が使われていますが、レシピ本では手に入りやすいきな粉で代用しています。簡単に作れるメニューなので、レシピ本制作に関わったJARスタッフおすすめメニューの1つです。Meal for Refugees(M4R)導入大学でも定番メニューとなっており、今季も多くの学食で登場予定です。(レシピ本 p.76に掲載)

(2017年11月13日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷