本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 支援の輪 寄付・募金  > 「みんなでチャレンジ!古本集めて難民支援」結果発表

活動レポート

「みんなでチャレンジ!古本集めて難民支援」結果発表

「みんなでチャレンジ!古本集めて難民支援」は古本書き損じはがきの買い取り額が寄付となるキャンペーンです。JARと一緒に活動してくださる団体を募集したところ、昨年12月から2月までの3カ月間で10団体が参加くださり、総額87,915円のご寄付をいただきました。今回のご寄付は、日本にたどりついた難民の方々の来日直後の緊急支援から、自立に向けた支援まで、幅広く大切に使わせていただきます。皆さまの温かいご支援に心より感謝いたします。

古本と書き損じはがきによるご寄付は年間を通じていただいております。2017年4月末まで春のキャンペーン中で、寄付金額が10%増額されます。新年度に向けたお引越しやお掃除の際、ぜひご協力いただければ幸いです。詳しくはこちら

第1位:実践女子大学(36,028円・458冊)

[ご感想]本キャンペーンへの参加をきっかけにして、学内外に、難民問題について関心を持ってくださる方が増えれば嬉しいです。今後も様々な社会活動に貢献していきたいと思っています。

第2位:神奈川総合高等学校(13,306円・974冊)

第3位:慶應義塾大学SFC日本語研究室(11,716円・548冊)

[ご感想]私たちは今回、学生グループ"SFC PASS IT ON"と協働で古書回収を行いました。指定の時間・場所に来てくださった方々以外にも、多くの協力を得ることができました。日本で暮らす難民の方々を少しでも応援できたなら幸いです。

その他参加いただいた団体様(敬称略・五十音順)

アゴダインターナショナル 大阪オフィス
東京女子大学M4R学生有志
ブルームバーグ L.P.
平和コンパス
麗澤中学・高等学校
ABRiRAS
Kurikindi

ご参加いただき誠にありがとうございました。

(2017年4月10日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷