本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 政策提言 第三国定住 声明 注目の難民ニュース  > 第三国定住プログラムによる難民受け入れに関するFRJプレスリリース

活動レポート

第三国定住プログラムによる難民受け入れに関するFRJプレスリリース

10月1日付にて、JARも参加している「なんみんフォーラム(FRJ)*」が、第三国定住プログラムによる難民受け入れに関するプレスリリースを出しました。
*記事は一定期間こちらからご覧になれます。
*関連記事はこちらから:
第三国定住制度 ことしの希望者がゼロに/NHK
JARニュースリリース「第三国定住第3陣の受け入れゼロの内閣官房発表に対して」

(概要)
第三国定住プログラムによる難民受け入れ第三陣が0(ゼロ)になったとの政府発表を受け、FRJは今回の事態を重く受け止め、早急に原因を究明すると共に難民支援のあり方を検証すべきであるとしている。また、難民選定基準等の見直しも必要である。日本政府は、次の受け入れを見据えて、難民や市民社会を含むさまざまな意見を聞き、支援プログラムの改善・充実を官民協同で実践していくべきである。

*特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)は、日本に逃れてきた難民、庇護希望者、人道的配慮により在留を許可された人々を支援する団体/NGOのネットワーク組織です。FRJの詳細については、こちらから。

(2012年10月11日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷