本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > 復興支援関連  > [緊急支援速報]千葉県のウガンダコミュニティを訪問しました

活動レポート

[緊急支援速報]千葉県のウガンダコミュニティを訪問しました

4月4日、千葉県のウガンダコミュニティを訪問しました

yotsukaido

コミュニティのリーダーが声をかけ、集まったのは男性20名。ほとんどが難民申請中。情報提供、物資・食料提供と、個別のカウンセリングを行いました。

JARがコミュニティを訪問したのは今回が初めて。支援団体などに頼らず、暮らしている難民たちがいることに驚くと同時に、普段JARには来ることができないが、ニーズを抱えている人たちがまだまだいることを改めて実感しました。

最近、日本にくるウガンダ出身の難民が増えている中、千葉にいる友人を頼り、少しずつ人が集まってきているとのこと。多くは、難民申請中という不安定な状況に置かれていますがが、平均2年はかかる難民認定手続きを、なんとかを乗り越えるべく、互いに支えあって暮らしています。

日ごろから不安を抱え、ギリギリの生活をしている難民にとって、今回の震災は、被災地から離れていたとはいえ、大きなダメージを受けていることが強く伝わる訪問でした。

(2011年4月4日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。