[緊急支援速報]難民の方も「自分たちにできること」をはじめています

日々、被災地からのニュースが流れてくる中で、多くの難民の方も、心を痛め、「自分たちもなにかできないか」という思いで、立ち上がっています。

JARが知っているだけでも、クルド難民、ミャンマー(ビルマ)難民のコミュニティが、自主的に募金活動を行い、被災地に寄付をしました。また、ウェブに掲載している多言語での情報発信の翻訳は、イラク出身の難民がアラビア語翻訳を手伝ってくださいました。

今、JARには「自分たちも大変だけど、被災地ではもっと苦しんでいる人がいる。その人たちのために、少しでも今できることをしたい」という難民の声がたくさん集まっています。