本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > [緊急支援速報]東北地方太平洋沖地震 緊急支援にご協力をお願いします

活動レポート

[緊急支援速報]東北地方太平洋沖地震 緊急支援にご協力をお願いします

東北地方太平洋沖地震 緊急支援にご協力をお願いします。
−混乱の中で、困っている難民がいます−


「地震により生活が困難に陥っている難民」に対してのご寄付は受け付けを終了し、「地震での被災・避難した方」へのご寄付を受け付けています。


3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々に、
心からの哀悼の意を表します。また、被災した方々、またそのご家族、ご友人の方々に
心よりお見舞い申し上げます。

難民支援協会(JAR)では、地震により生活が困難に陥っている難民に対して、
緊急支援を開始することを決定しました。

社会が混乱する中、当面の食べるものが確保できない難民が多くいます。
お子さんの学校給食がストップし、日々の食事が足りなくなっている家庭も見られます。
無料の医療サービスを行っている病院へのアクセスが出来ず、
医療費を全額負担しなければ、治療を受けられない難民も多くいます。

また、言葉の壁から情報を得られず不安が募っています。
母国にて迫害のおそれがある彼らは、
国に帰ることも、大使館に助けを求めることも出来ませんが、
地域に日本語がわかる頼れる人もなく、難民の多くは孤立した状態になっています。

JARは、多くの難民が暮らす北関東(埼玉県、茨城県、群馬県)に出向き、
彼らの安否の確認と支援を行っています。

停電の心配、原子炉の影響など、先行きの見えない困難なことが多い状況ですが、
今出来ること、必要とされていることから取り組んでいます。

一人でも多くの方のご支援ができますよう、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


(2011年3月15日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。