難民支援緊急キャンペーンのその後

2010年11月


2009年4月から9月に実施した「難民支援緊急キャンペーン」では、保護費を受けられない難民申請者への緊急生活支援と政府に対する申し入れを行いました。

キャンペーンには数多くの方にご協力いただき、困窮する難民申請者の方々に対し、のべ854件の支援を提供することができました。また、昨年4月に厳しくなった保護費支給の要件は8月以降緩和されました。

しかし、2010年4月、保護費の基準が改めて変更になり、母子や重篤な病気の方を含め、難民認定の再申請者は、裁判をしていない限り、一律に保護費の対象から外されてしまいました。さらに、保護費の受給が可能な場合でも、その待ち時間が1ヶ月から4ヶ月と長く、長期間に渡って困窮状態に置かれる申請者からの相談が多く寄せられました。近年、日本に難民としての保護を求める人の数は急増していますが、2010年も、当協会が把握している限りで、11月末現在約950人が新たに難民申請を行っており、年内に1,000人を超えることが予想されています。このように、難民申請者および難民申請期間中の最低限の生活保障を求めて保護費を必要とする人は増えていますが、彼らの生活環境は昨年に引き続き非常に厳しいものとなっています。

そこで、キャンペーン実行委員会では、「難民支援緊急キャンペーン」でご寄付いただいた支援金の残額を、上記の理由等から困窮している申請者への支援に当ててまいりました。
その資金が2010年10月12日で終了いたしましたので、ご報告します。