映画「闇の列車、光の旅」に協賛しています!


6月19日(土)より日本公開開始の映画「闇の列車、光の旅」に、難民支援協会(JAR)が協賛しています! 本作のブログにはJARの名前も掲載されており、ブログでは随時本作に関するニュースが掲載される予定です。

本作は、貧困ゆえに危険な旅を強いてでもより良い生活をもとめる移民の少女と、ギャングという組織の中でしか自分を守ることができない少年が織り成す感動のロードムービーです。

この作品の中では、やむを得ない事情により危険な旅をするしかない人々の状況や気持ちがリアルに描かれています。そんな彼らの描写が、同じように希望を求め国境を越える難民の気持ち・苦労にも重なり、この度JARとして協賛をする運びとなりました。是非ご鑑賞下さい!

また、2月には、シンポジウム付き試写会も行われ、JAR職員も登壇をいたしました