冬の寄付キャンペーンのご報告

2009年3月


2008年12月から2009年2月まで、冬の寄付キャンペーン「あなたがともす、希望のあかり」を実施し、個人、企業、学校など約150件から、合計256万円のご寄付をいただきました。また、歯ブラシなど日用品も数多くご寄贈いただきました。深刻な不況にも関わらず、皆様からの温かいご支援、誠にありがとうございました。

経済危機による就労面の厳しさだけでなく、年末の政府からの生活支援金の一時停止など、難民申請の結果を待つ間不安な生活を続ける難民は増えている状況です。実際に、JARが2月に難民の方に支援した、「緊急ファンド」と呼ばれる即時支援を必要とする難民へのJARからの支援金は、今までの平均月の約5倍にのぼりました。

いただきましたご寄付は、こうした困窮している難民への衣食住などの直接支援のほか、翻訳費、コレクトコール代などの支援活動全般へ活用いたします。

このキャンペーンは終了いたしましたが、不定期のご寄付とともに、1日50円からのご寄付で継続的に難民を支援することのできる難民スペシャルサポーターも常に募集しております。今後とも引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

難民スペシャルサポーターについてはこちらからご覧ください。

(写真:ある難民からの、支援者への感謝のメッセージ 「これは素晴らしい支援者の方々への感謝のメッセージです。これからもご理解とご協力をよろしくお願いします」)