本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > NPO法人3団体が、国内大規模災害の緊急人道支援体制創設へ

活動レポート

NPO法人3団体が、国内大規模災害の緊急人道支援体制創設へ

2008年4月


難民支援協会は、他のNPO法人2団体(ADRA Japan、ピースウィンズ・ジャパン)とともに、設立発起人団体として、「災害即応パートナーズ」を設立しました。

「災害即応パートナーズ」は、NPO法人チャリティ・プラットフォームから活動資金の提供を受けて、日本国内で大規模な自然災害によって甚大な被害が発生した時に、迅速に被災地に出動し、避難所運営を中心とした支援活動を行うことを目指しています。

難民支援協会としては、とくにいままで支援から漏れがちだった外国籍住民をはじめとした、いわゆる災害弱者(要援護者)への支援を中心にNPOの共同体に参画し、NPOばかりではく企業や行政等との連携を含めた事業計画の策定にも取り組みます。

詳しくは、以下の共同プレスリリースをご参照下さい。

「NPO主導で大規模災害の緊急人道支援体制創設へ始動」
災害即応パートナーズ・特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム(2008年4月24日)
[PDF、214KB]

「災害即応パートナーズ」のWebサイトはこちら

【難民支援協会/Japan Association for Refugees】
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-2 第二鹿倉ビル4階
info@refugee.or.jp
Tel : 03-5379-6001 Fax : 03-5379-6002

(2008年4月1日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。