本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > 活動レポート > > 浄土宗主催の2007年度(第1回)「共生(ともいき)・地域文化大賞」で、「優秀賞」を受賞しました。

活動レポート

浄土宗主催の2007年度(第1回)「共生(ともいき)・地域文化大賞」で、「優秀賞」を受賞しました。

2007年9月10日

0709_tomoiki_1.jpgこのたび、特定非営利活動法人難民支援協会は、浄土宗主催の2007年度(第1回)「共生(ともいき)・地域文化大賞」で、「優秀賞」を受賞いたしました。

この賞は、「共生」の地域づくりをめざし継続的な取り組みをしている団体を表彰するものです。医療、福祉、教育、芸術文化、青少年育成、まちづくり、スポーツ振興など、様々なジャンルから117団体が応募し、その中から「共生(ともいき)・地域文化大賞」1団体、「優秀賞」3団体、「共生(ともいき)賞」3 団体が選ばれました。

当協会は、難民と共に生きる社会を目指して活動を続けてきたこと、また、地域社会で難民を支える体制作りを進めていることなどが評価され、「優秀賞」として選ばれました。

10日の二次選考会に続き、同日中に、浄土宗総本山知恩院御影堂にて採択記念式典が催され、難民支援協会は、「優秀賞」の賞状と盾、そして活動奨励金50 万円をいただきました。

今後も難民支援協会は、難民が地域と共に生きる社会を目指し、活動を継続していく所存であります。浄土宗の皆さま、および「共生・地域文化大賞」を運営してこられた特定非営利活動法人きょうとNPOセンターの皆さま、また、日頃より当協会をご支援くださっている皆様に、深く御礼申し上げます。


共生・地域文化大賞 http://tomoiki.jp/

(2007年9月10日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。