本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > 「難民の故郷の味」を学食に -Meal for Refugees 6月22日からスタート-

ニュースリリース

<共同リリース>「難民の故郷の味」を学食に -Meal for Refugees 6月22日からスタート-

報道関係者各位

2015年6月5日
聖心女子大学
認定NPO法人難民支援協会

「難民の故郷の味」を学食に
-Meal for Refugees 6月22日からスタート-

PDFファイル(リリース)

shret.png聖心女子大学(東京都渋谷区、学長:岡崎淑子)は、認定NPO法人難民支援協会(東京都新宿区、代表理事:石川えり)と協働し、難民の故郷の味を学食で伝えるプロジェクト"Meal for Refugees(M4R)"を開催します。M4Rは、難民支援協会が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献プロジェクト。食べることを通じて難民を知り、1食20円を寄付として難民を支える取り組みです。今回、聖心女子大学の難民支援学生団体SHRET(シュレット)の学生が中心に取り組み、実現することになりました。

SHRETにとって、M4Rは、日本国内に逃れてきた難民をテーマにした、初の本格的なプロジェクトです。SHRETメンバーの学生が以前から他大学の難民支援学生団体と交流する中で、M4Rに関わる学生メンバーと出会い、導入に向けて、メンバー内で議論がはじまりました。

egg curry.JPGSHRETの14期代表、古川幹子さん(日本語日本文学科3年)は、「M4Rの話を聞いたときから、必ず自分たちの大学でもやりたいと、強く意志を固めていました。聖心女子大学では初めての試みですので、身の引き締まる思いです。これまでは、対外的に難民を伝える活動が多かったので、今回は、学食を舞台に、学内向けに難民を伝えることができる事業。まさに、今の私たちだからできることです。すでに取り組んでいる他大学のM4Rメンバーとも協力しながら、有意義なプロジェクトにしたいと思います」と意気込みを語っています。導入期間は、6月22日から27日。料理の提供に加え、認知啓発のための情報発信も同時に行います。

また、M4Rは、6月20日の世界難民の日に向けて、聖心女子大学のほか、関東・関西の大学合わせて6大学にて開催されます。詳細はこちらをご覧ください。

▼提供メニューとスケジュール
期間| 6月22日(月)~27日(土)
場所| 聖心女子大学 学生食堂
メニュー|
22日(月) 『鶏肉とじゃが芋のスパイス炒め』、『バングラディッシュのエッグカレー』
23日(火) 『サトイモのさっぱり煮』、『牛挽肉のスパイシー炒め』
24日(水) 『鶏肉と野菜のスパイシー炒め』、『鮭のスィートバジル和え』
25日(木) 『トマトソースの肉じゃが』、『アジと野菜の炒め さつま芋添え』
26日(金) 『鶏肉と小松菜のカレー』、『トマト味のピリ辛蒸魚』
27日(土) 『トマトソースの肉じゃが』、『鮭のスィートバジル和え』


(参考情報)
▼M4Rの公式フェイスブック
各大学の取り組み状況を随時発信しています。
www.facebook.com/mealforrefugee

▼レシピ本「海を渡った故郷の味」について
レシピの紹介や作り手である難民のストーリーを書籍から抜粋して掲載しています。
オンラインでの購入も可能です。
www.flavours-without-borders.jp

■本件に関するお問い合わせ

聖心女子大学 企画部
〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1  
Tel:03-3407-5249|Fax:03-3407-6126|kikakubu@u-sacred-heart.ac.jp
本学ウェブサイトでの本件の情報はこちら  
(報道関係の皆さまへのお願い) 学生への取材のご希望は、本学の企画部を通して依頼をお願いいたします。学生への直接コンタクトはご遠慮いただいております。ご配慮をお願いいたします。

認定NPO法人難民支援協会 広報部 田中 
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階

Tel:03-5379-6001|Fax:03-5379-6002|info@refugee.or.jp

(2015年6月5日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷