本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > [世界難民の日シンポジウム]難民の子どもたちと考える 国籍とアイデンティティ

ニュースリリース

[世界難民の日シンポジウム]
難民の子どもたちと考える 国籍とアイデンティティ

関連記事

2012年5月23日
認定NPO法人 難民支援協会

[世界難民の日シンポジウム]
難民の子どもたちと考える 国籍とアイデンティティ
告知掲載ならびにご取材のお願い


6月20日世界難民の日に合わせて、日本に逃れてきた難民の子どもたちをパネリストに迎え、シンポジウムを開催いたします。子どもの無国籍の問題や、インテグレーション(社会的統合)の観点から、難民の子どもの置かれた状況、彼らの未来について考えます。本件の告知掲載、ならびにご取材をお願いいたします。

日本が難民条約に加入してから30年以上が経ち、二十歳を迎えようとする難民の子ども世代が増えてきました。第1部では難民の子どもたちが、日本社会で生きていくことについて、自身の経験を語ります。第3部では、日本生まれ・ビルマ難民の子どもである現在大学生がモデレーターとなり、パネリストである専門家に対して、鋭い質問を投げかけます。

[難民の日シンポジウム]
難民の子どもたちと考える 国籍とアイデンティティ

[日 時]2012年6月16日(土)13:30 開演(13:00開場)
13:30-14:35 1部 難民の子どもたちが語る-日本社会で生きること
14:55-15:15 2部 難民の子どもから-ビデオ上映(予定)
15:15-16:15 3部 子どもの視点から考える、日本社会の制度と課題

[場 所]上智大学12号館102教室(千代田区紀尾井町7-1)四谷駅から徒歩3分

[参加費]無料

[共 催]認定NPO法人難民支援協会/上智大学グローバルコンサーン研究所/
無国籍ネットワーク/在日ビルマ市民労働組合(FWUBC)/国立民族学博物館

以上

□認定NPO法人 難民支援協会 www.refugee.or.jp
代表理事:中村義幸(明治大学理事)
事務局有給職員:26名(非専従職員を含む)
受賞暦:第21回毎日国際交流賞(2009年)/第20回東京弁護士会人権賞(2006年)他

■本件に関するお問い合わせ
認定NPO法人 難民支援協会 広報部 田中志穂
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
Tel:03-5379-6001 Fax:03-5379-6002 info@refugee.or.jp

(2012年5月23日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷