本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > ニュースリリース  > ICUが難民を奨学生として受け入れ

ニュースリリース

ICUが難民を奨学生として受け入れ

<報道資料>                              

2008年9月1日

ICUが難民を奨学生として受け入れ

この難民は、コンゴ民主共和国(DRC)出身で、2004年に庇護を求めて来日。難民申請の結果、2005年に日本政府からの難民認定を受けました。難民支援協会(JAR)では、認定に向けた難民申請手続きのサポートのほか、住居探しなど、生活面の支援を行いました。

来日当初は知り合いもおらず、日本語も全く話すことができませんでしたが、特に認定後は日本語を学び、仕事を探し、自立した生活を行っていました。しか し、内戦下の母国で生活してきた経験から、常に人権、平和構築に強い関心をいだいてきたため、日本で国際関係学を中心とした勉強を続けたいと切望しており、書類選考の結果、ICUに合格。

学費については、JARでも難民の状況等をご説明したところ、ICUでは、深い配慮を示してくださり、このたび奨学金支給の上で受入れを決定してくださいました。
9月より、他の学生とともに、キャンパスでの生活をスタートさせます。ご本人は、「ICUは自分にチャンスをくれた大学。そのチャンスを生かし、母国、アフリカ、そして日本に資するためにがんばりたい」と語っています。

□NPO法人難民支援協会
代表理事:中村義幸(明治大学情報コミュニケーション学部長)
事務局有給職員:17名(非専従職員を含む)
2008年度予算:76,850,000円
受賞暦:東京青年会議所・優秀志民活動賞(2005年)、第20回東京弁護士会人権賞(2006年)他

□お問い合わせ:
難民支援協会 広報部 鹿島・石川
Tel:03-5379-6001 メールinfo@refugee.or.jp https://www.refugee.or.jp

(2008年9月1日掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷