2010年2月11日-日活ウェブサイトに映画「闇の列車、光の旅」シンポジウム付き試写会の様子が掲載されました

2月10日にセルバンテス文化センターで開催された、映画「闇の列車、光の旅」のシンポジウム付き試写会の様子が、日活ウェブサイト内の日活レポートにて掲載されています。

本シンポジウム付き試写会は、「映画を通して語るグローバルな移民問題」と題され、キャーリー・ジョージ・フクナガ監督とともに、難民支援協会(JAR)事務局長代行の石井宏明も登壇しました。