難民が伝える祖国の味/NHK「おはよう日本」

5月29日(水)のNHK「おはよう日本」にて難民支援協会が出版したレシピ本「海を渡った故郷の味」が紹介されました。

番組では、「海を渡った故郷の味」のメニューを学食に導入した関西学院大学のシャンカイさんが紹介されました。シャンカイさんは両親がビルマ出身で、自身は日本生まれの難民2世です。大学に入学し、周りの学生が難民についてあまりに知らないことに危機感をおぼえたことが、今回の学食導入の取り組みにつながりました。難民について知る機会を講演会ではなく「食」に変えることで、気軽に知ってもらえると考えています。導入された難民の故郷の味は、学生にも好評でした。