本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > テレビ・ラジオ  > 在日難民とともに料理のレシピ本『海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders』を作った、難民支援協会の田中志穂さんに聞く/難民ナウ!

メディア掲載 : テレビ・ラジオ

在日難民とともに料理のレシピ本『海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders』を作った、難民支援協会の田中志穂さんに聞く/難民ナウ!

4月14日(日)に、京都三条ラジオカフェ(FM79.7MHz)で放送されている日本初の難民問題専門情報番組「難民ナウ!」にて、難民支援協会(JAR)の田中のインタビューが紹介されました。JARが出版したレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」や本をもとに学生が取り組んでいるプロジェクトMeal for Refugeeについてお話しました。

*「難民ナウ!」の紹介はこちら
*「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」についてはこちら
*Meal for Refugeeについてはこちら

(2013年4月14日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。