2012年1月31日‐「雇用のミスマッチ」解消へ新たな試み-気仙沼市/NHK仙台

2012年1月31日のNHK仙台で、難民支援協会(JAR)が行っている、被災地における外国人就労支援事業が取り上げられました。JAR東北スタッフがインタビューを受けました。

*詳細は一定期間こちら(動画)からご覧いただけます。
2012年1月31日
「雇用のミスマッチ」解消へ新たな試み~気仙沼市

[進捗報告]
年末に6名の就職が決まりました!
すでにホームヘルパー2級取得コースを終えた第一陣9名の中の6名です。現在、地元の介護施設で働いてます。覚えることはたくさんあるようですが、みな、順調な船出をしています。

また、先週、第3陣のメンバーが確定し、6名が新たに資格取得と、介護施設での就職を目指し、本格的な勉強を開始しました。3陣メンバーへの支援は、地元行政や地域のボランティアを中心に、地元で寄り添って支えていけるような、体制を整えています。

今までのところ、コースに入ったメンバーで、途中離脱者は出ていません。
「学ぶ機会がなかった」という女性たち。震災後の決して楽ではない日常の中で、高いやる気と強い気持ちを持って、チャンスを手に入れようと、勉強に励んでいます。

引き続き、他メンバーの就職先確保や、就職後のフォローなど、活動を行っていきます。

*関連記事:
外国籍被災女性就労支援 ホームヘルパー2級目指して<中間報告>