2008年12月11日ーNHKのニュースにて放送されました

2008年12月11日NHK 「ニュース9」の中で、難民申請者に対する生活支援金の支払いが一時的に止まった異例の事態に対し、同日に、十分な予算を確保するなどの対策を求めておこなった外務省への申し入れと記者会見の様子が取り上げられました。
NHKのウェブサイトでは、詳細情報として「申し入れをしたのはNPO法人『難民支援協会』など難民を支援する5つのグループのメンバー」として紹介され、事務局長石川えりの「『食べ物が買えない、子どものおむつが買えない』という相談が相次ぎました。命綱ともいえるお金なので十分な予算の確保をしてほしいです」とのコメントが取り上げられています。

申し入れの内容はこちらからご覧下さい。

また、現在難民支援協会では、厳しい状況に置かれている難民の人たちを一緒に支えていただくため、冬の寄付キャンペーンを行っています。ぜひあたたかいご協力をお願いします。