本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > 難民問題 食で考えて/神戸新聞

メディア掲載 : 新聞記事

難民問題 食で考えて/神戸新聞

2013年7月9日の神戸新聞にて、難民支援協会(JAR)の食を通じた難民支援プロジェクト「Meal for Refugee(M4R)」が紹介されました。

(概要)
関西学院大学など、学食への導入から始まったM4Rに7月9日から神戸の多国籍料理レストラン「パレルモ」が参加する。一般の飲食店の参加は初めて。世界30か国を旅して料理を学んだ後、2004年に同店を開いた店長の本山さんは、関西学院大学での取り組みを知り、「日本に難民が逃れてきていることを知らない人や怖いと思っている人が多い現状を何とかしたい」と参加を決めた。レシピ本のメニューを順次展開する予定で、初回はビルマ料理のチェッタアールヒン(鶏とジャガイモのスパイス煮込み)を1,000円で提供する。料理を食べた人には1,000円のうち20円を募金箱に入れてもらい、難民支援協会へ届ける。

(2013年7月9日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。