本文へジャンプ

トップページ > 難民支援協会の活動 > メディア掲載 > 新聞記事  > (社説)難民鎖国に逆戻りするのか /日本経済新聞

メディア掲載 : 新聞記事

(社説)難民鎖国に逆戻りするのか /日本経済新聞

2013年5月8日付けの日本経済新聞社説で、「難民鎖国に逆戻りするのか」と題して、
日本の消極的な難民受け入れを改善すべきと述べています。

2012年の難民認定者数が18名と、5年前に比べて39人減り、認定率をみても0.56%と5年前の4.49%から大きく低下したことを受け、「難民鎖国」に逆戻りしているのではないかと指摘しています。
また、圧政や紛争などのために母国を離れざるを得なくなった人たちを保護する努力は、
豊がで安定した社会を築いた先進国の責務であり、これまでの政府による取り組みの成果の少なさを考えると、この問題を専門に担当する組織の設立を含め検討する必要があると述べられています。

*記事は一定期間こちらからご覧いただけます。

(2013年5月8日掲載)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。